「ほっ」と。キャンペーン
2013年 08月 01日

Plat creux moustiers et Ravier APT

出店情報

8月2日(金)~8月4日(日) 骨董ジャンボリー @東京ビッグサイト P14bブースとなります。

8月9日(金)~11(日) 渋谷パルコPART1 1Fエントランス
 ナイトマーケットをテーマに、様々なFOODとPRODUCTSが集合致します。
 ビール片手に、渋谷パルコに出現した不思議な世界のナイトマーケットをお楽しみ下さい。

d0225812_17495494.jpg


ご来場お待ちしております。


.............................................................................

いよいよ明日より開催の骨董ジャンボリーに出店致します。
皆様のご来場お待ちしております。


本日のご紹介です。

d0225812_17562589.jpg

d0225812_17573370.jpg


d0225812_17585175.jpg

d0225812_19441988.jpg

d0225812_19452295.jpg



上 Plat creux moustiers  FRANCE 1700年代後期〜1800年代初期
下 Ravier APT  FRANCE  1700年代後期〜1800年代初期

2種類3枚のオーバル型のお皿の紹介となります。

上の白い方のオーバル型の平鉢は、先日のブログにてご紹介した南仏のMOUSTIERSで焼かれた一枚。
大きさが程よく、お一人様用のディナーにも、サラダやメインのお料理を載せて複数で楽しむ席でも
活躍しそうな一品。

MOUSTIEREらしい、錫釉のねっとりとした質感とうっすらと透ける陶土の雰囲気が格別で、表情豊か。
微妙に対照的でないフォルムも、当時の手仕事の感覚が伝わってくるようで好ましく思えます。

下の黄色と茶色のコンビネーションのやや小振りの平皿は前菜用のRAVIER。
南仏のAPT(アプト)で焼かれたものと思われる、ルイ15世バロックスタイルですが、
南仏独特の鮮やかな色合いと土の柔らかさにより、華美になりすぎずに温かみのある雰囲気となっています。

色付きのお皿は使い勝手が、、、との声も聞こえてきそうですが、食卓を華やかに演出する際には
もってこいのアイテムでございます。

瑞々しい夏野菜や白い食材などを盛りつけていただきますと、お料理も映える事でしょう。

本日のアイテムも含めて、今週ご紹介したアイテムは全て明日からの骨董ジャンボリーにて
お披露目となります。

どうぞ宜しくお願い致します。



〈INFO〉
ブログに掲載したお品のディテールの詳細は、週末の出店明けの月曜日に
ORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。
尚、プライバシー保護のため返信の為のアドレスやお名前を記載される場合は“非公開コメント”に 
チェックしていただき投稿をお願いします。
折り返しご連絡させていただきます。

どうぞ宜しくお願いいたします。

by orlando76 | 2013-08-01 19:46 | VAISSELLE  | Comments(0)


<< 骨董ジャンボリー ご来場ありが...      Reliquaire la v... >>