「ほっ」と。キャンペーン
2013年 10月 31日

SUJETS RELIGIEUX

出店情報

11月02(土) Kottou-Douri Weekly Street Market 

11月03(日) 大江戸骨董市 

ご来場お待ちしております。
....................................................................................................

本日より開催のBAtoMA informationのブースの様子です。

d0225812_17364115.jpg

d0225812_1740450.jpg

d0225812_17445075.jpg


先日の買付で最も心躍らされた書評新聞“今日の人々”を中心に、ちょっとだけ蚤の市感のある
ディスプレイにしてみました。
パリで最も古くからある蚤の市として有名な、主に古書や印刷物などを中心としたセーヌ川添いに並ぶブキニストをイメージしつつ、
私の得意なタイプのオブジェを幾つか配してみましたが、出来上がった物をみると、我が家のようでちょっと笑ってしまいました。

大好きな古い物達に囲まれた暮らしをしておりますので、居住空間にはある程度満足してますが、増え続けるオブジェたちの
居場所を確保するのが困難になってきたのが最近の課題でもあります。
まあ、それを考えるのも楽しいひと時ではありますが、、、


こちらのイベントは入場料が¥500かかりますが、見応えのある内容となっており、インテリアファン必見です。

お時間ございましたら是非。

BAtoMA information

※メイン会場に設置されるKottou-Douri Weekly Street MarketブースはORLANDOが担当致します。
インフォメーションブースとなりますので、その場での販売は致しませんので、ご了承下さい。

....................................................................................................


本日のご紹介です。

d0225812_1822680.jpg


d0225812_18102762.jpg

d0225812_18152631.jpg

d0225812_18191936.jpg

d0225812_18231551.jpg

d0225812_18262320.jpg


SUJETS RELIGIEUX BERGIUM 1800年代中〜後期

1838年ベルギーのブリュッセルにて設立されたJ.B.CAPPELLEMANS窯のキリスト教モチーフのカップ&ソーサー。
この手のサイズの把っ手無しのカップはティーボウルと呼ばれておりますので、お茶用だったと思われます。

白い器胎に黒一色のプリントで、聖家族と心臓/聖杯/目のモチーフがプリントされています。

三角形に目が描かれたモチーフは、フリーメイソンのシンボルとしても使われていますが、元々は
エジプトのピラミッドと真実の目を由来とするプロビデンスの目と呼ばれるもので、キリスト教のモチーフの一つです。

ソーサーの方は底部の高台に小さな欠けが一カ所(それも内側)あるだけですが、カップの方は縁に欠けが2カ所とニュウが3カ所
ございます。

実用性には問題ないレベルですが、ポイントはプリントの面白さですので、観賞用にお考えいただければと思います。

また、こちらのアイテムはもう一枚ソーサーのみございます。

d0225812_18302493.jpg

d0225812_1841305.jpg

d0225812_184521.jpg

d0225812_1849752.jpg


ニュウが3カ所と縁に当たり傷がございますが、図柄への影響はございません。


カップ&ソーサーのセット

カップ
直径  8.5㎝
高さ 5㎝

ソーサー
直径 13㎝
高さ 3㎝

¥7,350


ソーサーのみ

※サイズは上記と同じになります。
¥3,675



〈INFO〉
ブログに掲載したお品のディテールの詳細は、週末の出店明けの月曜日に
ORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。
尚、プライバシー保護のため返信の為のアドレスやお名前を記載される場合は“非公開コメント”に 
チェックしていただき投稿をお願いします。
折り返しご連絡させていただきます。

どうぞ宜しくお願い致します。

by orlando76 | 2013-10-31 19:08 | VAISSELLE  | Comments(0)


<< Plat cul noir e...      Huit verre de vin >>