ORLANDO

orlando76.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 16日

Brulot de bayeux

◇出店情報

4月20日(日) 大江戸骨董市 @有楽町 国際フォーラム

4月27日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  ARK HILLS ホームページ
Facebookページ →赤坂蚤の市 in ARK HILLS で検索して下さい。
         

皆様のご来場お待ちしております。
.............................................................................................…….

今日は最高気温24度と、初夏の陽気であったとか。
どおりで暑いな、、、と思いました。

ベランダの植物達はここ最近すくすくと成長し、花が咲いたり、新しい芽が出たりと、毎日の水やりが
楽しい季節になりました。

さて、本日のご紹介です。

d0225812_1693834.jpg

d0225812_16112721.jpg

d0225812_1612979.jpg

d0225812_16123836.jpg

d0225812_16134417.jpg

d0225812_16294864.jpg

d0225812_16303554.jpg

d0225812_16311012.jpg

d0225812_1636103.jpg


d0225812_16391510.jpg

d0225812_1641962.jpg

d0225812_16441981.jpg

d0225812_16451774.jpg

d0225812_16455346.jpg

d0225812_16464683.jpg

d0225812_16592166.jpg

d0225812_16474098.jpg

d0225812_16593123.jpg

d0225812_16482585.jpg

d0225812_16495154.jpg

d0225812_1650349.jpg

d0225812_16511278.jpg



Brulot de bayeux FRANCE 1800年代後期

Bayeuxで作られた磁器製のBrulot。

把っ手の部分が少しだけ違いますが、殆ど形状が同じ2点のご紹介です。

フランスノルマンディー地域圏のカルヴァドス県にある都市であるBayeux(バイユー)では、1800年代初期より磁器の生産が
盛んに行われており、白地にブルーやブルー/レッド/ゴールドを使ったオリエンタルなモチーフの絵付けが特徴。

磁器製で業務用という事もあり、厚くボッテリとした造りで重量感がございます。

Brulot(ブリュロ)は底部の凹みが特徴で、コーヒーを飲んだ後、カップをひっくり返して、底部に強めのお酒を入れて飲んでいました。

Bayeuxはカルヴァドス県に属しますので、同地で作られるリンゴの蒸留酒であるCalvadosを飲んでいた事と思います。

※業務用に使用されていたため、多少の使用感がございます。
また、絵付けが施された方は、把っ手上部の付け根にライン、胴体下部にチップ、ゴールドのラインの剥がれなどがございますが、
ご使用に差し支えはございません。




ディテール

直径 8.5 ※ハンドル含む
高さ 10㎝

¥6,480 ※各1点のお値段となります。


〈INFO〉
ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。
尚、プライバシー保護のため返信の為のアドレスやお名前を記載される場合は“非公開コメント”に 
チェックしていただき投稿していただきますようお願い致します。
折り返しご連絡させていただきます。

どうぞ宜しくお願い致します。F

by orlando76 | 2014-04-16 17:00 | VAISSELLE  | Comments(0)


<< Trois plat cul ...      Roméo et Juliette >>