2015年 06月 23日

Tasse pansee

⚪︎出店情報


6月27日(土) 大江戸骨董市in代々木公園


7月5日(日)  大江戸骨董市 


6月28日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS
ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 


皆様のご来場お待ちしております。


出店情報はこちらでもご確認いただけます。 ORLANDOホームページ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


先週末は生憎の雨にて、大江戸骨董市が中止となり残念ではございましたが、その分溜まっていたあれこれを片付けることが
できましたので、却って良かったのかもしれませんでした。


晴耕雨読と申しますが、雨の日はお気に入りの本を読んだり、思索にふけるのもいいのかもしれませんね。


本日ご紹介です。

d0225812_1833232.jpg

d0225812_18394526.jpg

d0225812_19104210.jpg

d0225812_1973945.jpg

d0225812_19113546.jpg

d0225812_19123851.jpg

d0225812_1914323.jpg

d0225812_19144040.jpg



Tasse pansee FRANCE 1800年代後期


磁器製のパンジーモチーフのデミタスカップ。


その昔、パリ市内に存在した伝説の製陶所であるパリ釜(PORCELAIEN DE PARIS)のものと思われます。


金彩でガーランド状の葉っぱとパンジーのモチーフが描かれております。


パンジーはフランスの哲学者/思想家でもあるブレーズ・パスカルの著書"PANSEE(パンセ)"と同じ意味である
思想という単語から来ており、花の形が顔に似ていて、8月頃に花部が下を向く姿が思索にふけるようであることから名付けられ、
フランスの自由思想のシンボルでもありました。


そういったことから、パンジーのモチーフは記念の品などに描かれたり、モチーフとして形作られたりなどしてきましたので、
こちらのカップも何かしらの記念の日のお祝いの品として作られたものであると思われます。


小さくシンプルな寸胴型のボディーに少しだけデザインの入った持ち手とのバランスが絶妙で、金彩であるにもかかわらず
華美になりすぎない点が好ましく思えます。


ところどころ金彩が剥げておりますが、それも却って落ち着いた雰囲気を醸し出す要因の一つでしょう。


※金彩の剥げ以外は、欠けやヒビのない良いコンディションとなります。


ディテール

直径 約5.5㎝ +ハンドル約2㎝
高さ 約5.7㎝

¥4.320



〈INFO〉
ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2015-06-23 19:36 | VAISSELLE  | Comments(0)


<< Rècipient en verre      Boit de papierm... >>