ORLANDO

orlando76.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 23日

Cul noir2

⚪︎出店情報

6月26日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  

7月10(日)~18(月) 真夏の夜の夢Ⅱーパリのマリアー @weekendbooks

7月16日(土)/17日(日) Bunkamuraドゥマゴパリ祭 @渋谷東急文化村

7月24日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS 

7月28(日)~8日(木) 渋谷骨董バザール @東京百貨店東横店

ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 


※6月28日(火)〜7月5日(火)までフランス買い付けのため、期間中は通販業務をお休みさせていただきます。
何卒よろしくお願い致します。


出店情報はこちらでもご確認いただけます。  ORLANDOホームページ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


昨日に続いて2つ目のご紹介です。


d0225812_19183771.jpg

d0225812_19185723.jpg

d0225812_1919196.jpg

d0225812_1919638.jpg

d0225812_19191038.jpg

d0225812_19191546.jpg

d0225812_19192060.jpg

d0225812_19192492.jpg

d0225812_19193918.jpg

d0225812_19194447.jpg

d0225812_19194911.jpg

d0225812_19195551.jpg

d0225812_1920291.jpg

d0225812_19201531.jpg

d0225812_19202897.jpg



Bol Cul noir FRANCE 1800年代中期

昨日の平皿に続いて本日は深皿のご紹介です。

使いやすいサイズで雰囲気も抜群ですが、お直しがたくさん入っております。

このお直しがこの器の最大のポイントで、当時の直し方で大胆に修復されています。

東京国立博物館に所蔵されている足利義政が所蔵していた南宋時代の茶碗の直し方と同じで、
馬蝗絆(ばこうはん)と呼ばれていますが、海外ではSTAPLE REPAIRなどと呼ばれています。

四方に入ったヒビは高台には届いておらず、いったいどうしてこのように割れたのかが不思議ではありますが、
鉄の鎹で4箇所を上手に繕っています。

また僅かに縁に歪みがありますが、底部はまっすぐで安定しておりますので、ガタツキはございません。

汁物でなければご使用にはさほど問題もなく、果物入れなどにしても様になります。

内側に1箇所の当り傷のように見える部分は元から釉薬がかかっていない箇所で、縁に3箇所の釜傷がある他は、
大胆なお直しにもかかわらず大した傷はございませんので、大切に使われてきたことが伺えます。


ディテール

直径 25cm
高さ 6㎝

¥17,280


〈INFO〉ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2016-06-23 19:41 | VAISSELLE  | Comments(0)


<< Cul noir3      Cul noir1 >>