2016年 09月 09日

Pot de confiture

⚪︎出店情報

9月18日(日) 大江戸骨董市

9月25日(日) 第30回赤坂蚤の市 in ARK HILLS 

ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 

出店情報はこちらでもご確認いただけます。  ORLANDOホームページ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

久しぶりのブログです。


怒涛の夏のイベント祭りも、最後の阪急うめだ本店で締めくくり終了いたしました。


今年の夏はORLANDO6年目の営業にして一番忙しい夏となりました。


各イベント、デパートへご来場いただいた皆様誠にありがとうございました。


少しだけ間をおいて、10月からは昨年秋ぶりのアンティークフェア新宿/札幌東急BUNKAMURA/赤坂蚤の市特別企画/HandmadeMAKERS’と
秋のイベント祭りとなりますW。


その間を縫って買い付けに、、、!


どうぞお楽しみに。


さて、本日は各イベントにて好評でしたこちらの商品。


レアなサイズのものなどが売れてしまいましたが、運良く沢山仕入れることができ、まだまだお選びいただけます!



d0225812_18152812.jpg

d0225812_18153657.jpg

d0225812_18154454.jpg

A
d0225812_18155070.jpg

B
d0225812_18155651.jpg

C
d0225812_1816299.jpg

D
d0225812_1816844.jpg

d0225812_18161499.jpg

E
d0225812_18161968.jpg

F
d0225812_18162427.jpg

G
d0225812_18162997.jpg



Pot de confiture 1800年代 FRANCE


吹きガラスのジャムポット。


口部のフォルムで大まかに2種類。
4点と3点の写真で左から順番に背の高さが低いものからA~Gにてご紹介してます。


特徴的な形状のこちらのガラス器は、主にジャムを保存するために使われていました。


吹きガラスのため、独特なユラユラとした表面や歪んだフォルムなどに愛嬌がございます。


ガラスものに関する文献によると、このタイプの形のものは18世紀(1700年代)~存在するそうですが、
現実的な感じとしてORLANDOでは1800年代と記させていただきます。


口部が大きく分けてくびれてから広がっているものと、くびれずにそのまま水平に広がっているものがございますが、
当時は布を蓋代わりにしておりましたので、紐で縛ってとめやすいようにこのような形状となっております。


サイズ感がよく、当初の用途のようにジャムやペーストのようなものを保存するもよし、お惣菜を入れたり、
冷静のスープように使ったりと、様々な用途に活躍しそうです。


細かな擦り傷はそれぞれ認められますが、ヒビやかけなどは一切ございません。
※底部の処理がラフなものもございますが、制作当初からのものです。

※写真が多くなってしまうため、サイドや底部の写真は割愛いたします。
詳細ご希望の方は下記にてお問い合わせいただくか、直接ご連絡くださいませ。

翌週の月曜日にHPに詳細含めてアップさせていただきますので、そちらからもご確認くださいませ。
ORLANDOホームページ



ディテール

A
口部直径 10.5㎝
高さ 6.7㎝

B
口部直径 11.2㎝
高さ 7㎝

C
口部直径 10.2㎝
高さ 7.7㎝

D
口部直径 11㎝
高さ 8.6㎝

E
口部直径 10.2㎝
高さ 6.5㎝

F
口部直径 11.5㎝
高さ 6.7㎝

G
口部直径 9.7㎝
高さ 9.5㎝


各¥12,960


〈INFO〉ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2016-09-09 18:44 | VAISSELLE  | Comments(0)


<< Flasque à Whisky      Ajouré de la Croix >>