カテゴリ:SAINTS ( 23 )


2017年 02月 13日

Mercure du Christ

出店情報

2月16日(木)〜22(水) 暮らしの中の骨董マーケット@西武百貨店 池袋本店7階

2月26日(日) 第35回赤坂蚤の市inARK HILLS Facebookページ 


出店情報はこちらでもご確認いただけます。  ORLANDOホームページ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

気がつけば2月も半ば。
ブログのアップが約一ヶ月ぶりとなり申し訳ございません、、、、。


阪急うめだ本店、mAAch ecuteでのイベントが終了しホッとしたのもつかの間、今週木曜日からは西武百貨店池袋本店でのイベントとなります。


まだまだ寒い時期、室内でゆっくりとご覧いただけるの機会となります。


皆様のご来場お待ちしております。


本日はこちらの2点の御紹介です。

d0225812_13445090.jpg


A
d0225812_13453116.jpg

d0225812_13462116.jpg

d0225812_13462736.jpg

d0225812_13463623.jpg

d0225812_13464476.jpg

d0225812_13464856.jpg

d0225812_1347027.jpg

d0225812_1347520.jpg

d0225812_13471144.jpg



B
d0225812_13472398.jpg

d0225812_13472936.jpg

d0225812_13473476.jpg

d0225812_1348466.jpg

d0225812_1348934.jpg

d0225812_13485156.jpg

d0225812_1349991.jpg


2体
d0225812_13493490.jpg



Mercure du Christ FRANCE 1800年代中期〜後期


MERCURE(水銀)メッキのガラスのキリスト像。


銀製品を模して、ガラスに水銀をメッキした燭台や聖人像などの一連のシリーズのうちのキリスト像になります。


内側に施された水銀のメッキは当時の鏡にも用いられた手法で、経年の劣化により曇りや剥離があるため、
独特の鈍い輝きに変化ししております。


当然として内側が空洞になっておりますが、厚めのガラスで作られたボディは重量感があり、
古いガラスにみられる微細な気泡や歪みが更に存在感を引き立てております。


製作当時は服以外の部分に彩色が施されていたようですが、それぞれ剥がれており地肌が露出しております。


キリストが胸に掲げる燃え盛る心臓のモチーフ(サクレクール)は復活を意味し、時を経たMERCUREと共に今もなお
輝いております。


※製作時にできた微細な傷がございますが、欠けやヒビはございません。


ディテール(2体とも同じく)

高さ 24㎝
幅 約9㎝

各¥19,440



〈INFO〉ORLANDOホームページへの掲載は西武池袋本店でのイベント終了後を予定しております。

by orlando76 | 2017-02-13 14:06 | SAINTS  | Comments(0)
2016年 03月 31日

Ivoire du Christ

⚪︎出店情報

4月3日(日) 大江戸骨董市@有楽町国際フォーラム


4月24日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  ??2nd Anniversary

ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 


出店情報はこちらでもご確認いただけます。 ORLANDOホームページ


4月7日(木)〜19(火) フランス買い付け  ※買い付け期間中の通販業務はお休みさせていただきます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


本日のご紹介です。

d0225812_1815576.jpg

d0225812_1815278.jpg

d0225812_18152071.jpg

d0225812_18153379.jpg

d0225812_18153714.jpg

d0225812_18154231.jpg

d0225812_181652.jpg
d0225812_18154867.jpg

d0225812_18155512.jpg

d0225812_1816041.jpg



Ivoire du Christ 1900年代初期 FRANCE


象牙製のキリスト像。


キリスト本体と上部に掲げられたプレートは象牙製で、小ぶりながらも丁寧な作りとなります。


ポーズはディテールはポピュラーなタイプですが、顔立ちが穏やかなので痛々しい印象は少なく感じます。


象牙特有の柔らかな質感も、全体的に雰囲気を和らげているかもしれません。


特筆すべきは本体の十字架と土台のディテールで、ゴルゴダの丘に貼り付けとなったキリストの様子を再現しているかのようです。


土台は石を積み上げたような感じに仕上げられ、クロスの中心から光背が出ているデザインとなります。


素朴な雰囲気のクロスが、象牙のキリストを変に高級じみた感じにならないように程よく中和させながらも、全体的にまとまっています。


※全体的に良好な保存状態ですが、キリストの左手の親指が欠けております。


ディテール

幅 9.5×10.5㎝
高さ 19.5㎝

¥27,000


〈INFO〉ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2016-03-31 18:35 | SAINTS  | Comments(0)
2016年 03月 30日

Purple PAROISSIEN

⚪︎出店情報

4月3日(日) 大江戸骨董市@有楽町国際フォーラム


4月7日(木)〜19(火) フランス買い付け  ※買い付け期間中の通販業務はお休みさせていただきます。


4月24日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  ??2nd Anniversary

ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 


出店情報はこちらでもご確認いただけます。 ORLANDOホームページ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


本日のご紹介です。


d0225812_1951788.jpg

d0225812_1952957.jpg

d0225812_196121.jpg

d0225812_195359.jpg

d0225812_1954054.jpg

d0225812_1954568.jpg

d0225812_1955016.jpg

d0225812_1955578.jpg

d0225812_196641.jpg

d0225812_1961084.jpg

d0225812_1961671.jpg

d0225812_1962138.jpg

d0225812_1962650.jpg

d0225812_1963125.jpg

d0225812_1963689.jpg

d0225812_1981314.jpg

d0225812_1985264.jpg



Purple PAROISSIEN FRANCE 1855年 


紫色のベルベットと金属パーツにより装飾された祈祷書。


祈祷書は聖書とは違い、公的あるいは私的に信者が行うものとして教会が認可した祈祷文を収録したものをいいます。


表紙の四隅を飾るブドウと麦の穂はキリストの血を表すワインと肉体を表すパンを意味しております。


また中央には花の冠と、元の所有者のD・Cのイニシャルが銀製のパーツで施されております。


留め金も銀(メッキと思われます)で出来ており、そこにはDeniseと刻まれております。


表紙のベルベット部や背表紙とのつなぎ目にスレや破れが見られますが、取れてしまいそうなほどではなく、本体にしっかりとついております。


全812ページの中には3枚のモノクロの銅版画とカラーの版画が1枚入っております。


虫食いを防ぐ為の三方金も綺麗に残されており、中身は良いコンディションです。


ディテール

幅 8.5×12㎝
厚み 3.5㎝

¥14,040


〈INFO〉ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2016-03-30 19:09 | SAINTS  | Comments(0)
2016年 01月 14日

Panneau de la broderie

⚪︎出店情報


1月17日(日) 大江戸骨董市


1月21日(木)~2月21日(日) 『Benjamin Fisher』 @PASS THE BATON GALLERY


1月24日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS
ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 


出店情報はこちらでもご確認いただけます。 ORLANDOホームページ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


先週末3日間に渡り開催された骨董ジャンボリーにご来場いただいた皆様、ありがとうございました。


数あるイベントの中でも規模が大きく、ブースが広くて色々と造作しやすいという点が私は特に気に入っておりまして、
今回も張り切ってディスプレイ致しましたが、いかがだったでしょうか。


次回は8月5日/6日/7日の開催です。


ビッグイベントが終わってひと段落もつかの間、今週末の大江戸骨董市そして翌週は赤坂蚤の市となりますが、
その前に上記に記しましたが、久し振りのANTIQUE WORRIORSとしての活動となる、表参道ヒルズの
PASS THE BATON様の店内に併設のギャラリーにて、約一ヶ月間の展示販売を行います。


詳細はまた後日改めてお知らせいたしますので、どうぞお楽しみに。


それでは本日のご紹介です。


d0225812_1893347.jpg

d0225812_1894085.jpg

d0225812_18101810.jpg

d0225812_18101178.jpg

d0225812_18102343.jpg

d0225812_18103075.jpg

d0225812_1810447.jpg

d0225812_18103578.jpg

d0225812_18104188.jpg



Panneau de la broderie FRANCE 1700年代後期〜1800年代初期


赤いシルク地にインドの伝統工芸であるザリ刺繍が施された変形型の装飾パネルは、元は教会の祭壇を飾る幕などに使われていたのではないかと推測され、モチーフに合わせて特注のフレームに額装されたようです。


インド古来の伝統工芸であるザリ刺繍は、金糸や銀糸をコイル状にしてその中に糸を通して刺繍をする技法で、
17世紀にマハラジャたちの宮廷衣装や室内装飾など重用され発展しました。


手作業で立体的に仕上げていくザリ刺繍は気が遠くなるほどの時間と労力がかけられた事は言うまでもありません。


こちらの作品は当時、インドに発注して作らせたものか、あるいはインドの職人を呼んで作らせたものかはわかりませんが、
シンメトリーに配置された花籠のモチーフの一つ一つが丁寧に作られており、びっしりと埋め尽くされている様は工芸品の枠を超えて
美術品レベルの域に達しております。


経年の変化により元は金や銀色に輝いていたと思われるモチーフは酸化しておりますが、鮮やかな色合いのシルクと相まってシックな趣です。


※所々に糸の欠落はほつれ、枠の最下部に空白がございます。
※裏板は新品に張り替えてあります。



ディテール

幅 上7.7㎝ 下56㎝
高さ 39.5㎝
 
¥27.000



〈INFO〉ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2016-01-14 18:48 | SAINTS  | Comments(0)
2015年 09月 17日

Enfant Jèsus et Jean-Baptiste

⚪︎出店情報

9月20日(日) 大江戸骨董市@有楽町国際フォーラム

9月27日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS
ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 


出店情報はこちらでもご確認いただけます。 ORLANDOホームページ



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


昨夜から降り始めた雨、本日は気温も上がらず秋の到来をひしひしと感じる1日でした。


秋は1年の中でもとりわけイベントの多い季節のような気がします。


もちろん、仕事としてのイベントも含め、いろんな展示会や場所に出かけたくなるというのもあります。


今週末は大江戸骨董市の開催ですが、晴れて気持ちのよいお出かけができるように願います。


本日のご紹介です。

d0225812_18215793.jpg

d0225812_182397.jpg

d0225812_18251023.jpg

d0225812_1827371.jpg

d0225812_1833577.jpg

d0225812_18361456.jpg

d0225812_18373366.jpg

d0225812_18412282.jpg

d0225812_1843217.jpg

d0225812_18435328.jpg

d0225812_18452787.jpg

d0225812_18462276.jpg

d0225812_18475114.jpg

d0225812_18482560.jpg

d0225812_184935.jpg

d0225812_18493691.jpg



Enfant Jèsus et Jean-Baptiste FRANCE 1850年頃


手彫り彫刻による幼子イエスと洗礼者ヨハネ像。


ナポレオンⅢ世スタイルのオーバル型のフレームに収められた、本体の直径が最大30㎝(フレームを入れると40㎝)と
迫力のボリュームに、ノーブルな顔立ちの幼子達と二人の天使が、美しく絶妙なバランスで仕上げられております。


荒野のヨルダン川にて洗礼を施していたというヨハネはラ、クダの皮衣を身に纏い十字架を掲げるという伝統的な姿で
表現され、洗礼の為の水をいれるピシェを手にしております。


ヨハネが道の先を歩いていることから、イエスを先導してこれから洗礼を施すというシーンではないかと推測され、
上空では二人の天使がそれを見守っているという構図となります。


ヨハネの足元にはイエスを表す神の小羊の姿が、そしてイエスの左手側の道端には悔い改めを象徴する切り株が見えます。


本体の右側端に、この彫刻の作者である"J FONTANA"のサインが刻まれております。


これほどまでのボリュームと、本体に目視で確認できるダメージが全くない完璧な状態のものであり、且つドーム型の当時のオリジナルの
ガラスも残っているというのは、なかなかお目にかかることの出来ないレアなアイテムと言えます。


※フレームに虫食いによる穴が所々にございます。




ディテール

幅  34×40㎝
厚み  約6㎝

※本体幅 23×30㎝

¥135,000


〈INFO〉ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2015-09-17 19:18 | SAINTS  | Comments(0)
2015年 09月 14日

Sant'Antonio di Padova

⚪︎出店情報

9月20日(日) 大江戸骨董市@有楽町国際フォーラム

9月27日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS
ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 


出店情報はこちらでもご確認いただけます。 ORLANDOホームページ



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


先週の木曜日に無事にフランでの買い付けより帰国いたしました。


おかげさまで今回の買い付けも、これまで以上に素晴らしい出会いに恵まれることができました。


こちらのブログで少しづつですがご紹介したいと思いますので、引き続きどうぞ宜しくお願い致します。


さて本日は、今回の買い付けの中でも特に気に入っているとびきりのアイテムをまずはご紹介いたします。


d0225812_18481360.jpg

d0225812_18495920.jpg

d0225812_18503846.jpg

d0225812_1921191.jpg

d0225812_1932175.jpg

d0225812_1934986.jpg

d0225812_18512024.jpg

d0225812_18534729.jpg

d0225812_18545682.jpg

d0225812_18555673.jpg

d0225812_18562387.jpg

d0225812_18565448.jpg

d0225812_191315.jpg

d0225812_1913070.jpg



Sant'Antonio di Padova ITALY 1700年代


以前もこちらでご紹介したことのある、木彫の聖アントニオ像。


フランスにて買い付けましたが、イタリアのものであろうと推測されます。


幼子イエスを抱き、聖書を携えた姿でわずかに上方を見つめる眼差しは、小ぶりでありながらも
強いオーラを持っています。


聖人像にはマリア様やキリストとは違った身近な存在を感じますが、それはその多くが実在した人物で、
はっきりと記録に残されている点にあるからなのかもしれません。


木彫に漆喰のようなものでコーティングしたあとに着色されており、丁寧な作りであることが伺えます。


衣壁の奥にわずかな金彩が残されておりますので、制作された当時は手に持った本の赤共々、
シックでありながらも鮮やかな色彩に彩られていたことでしょう。


剥げ落ちた顔料のせいもあってか、聖アントニオのお顔は右と左とでは印象が違って見えるように感じますが、
全体的には慈愛に満ち、落ち着きと安らぎを感じさせる雰囲気が大変気に入っております。


また、個人的にはブラジル出身の私には、祖国の守護聖人でもある(聖アントニオはポルトガル出身だからか)という点も、強い縁を感じてしまいます。


※聖アントニオ、幼子イエスの右手はそれぞれ失われております。
※わずかに前方に傾きますが自立いたします。


ディテール

高さ 20㎝
幅  10㎝
奥行 6㎝

¥151,200


〈INFO〉ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2015-09-14 19:28 | SAINTS  | Comments(0)
2015年 08月 14日

Sculpture sur bois du Christ

⚪︎出店情報


8月16日(日) 大江戸骨董市@有楽町国際フォーラム


8月23日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS
ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 


出店情報はこちらでもご確認いただけます。 ORLANDOホームページ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ここ数日夜間は涼しくなり、過ごしやすい感じがいたします。


うだるような夏の日中はイライラする事もございますが、日本特有の四季の中の一瞬を楽しむのも好きです。


今週末は有楽町国際フォーラムでの大江戸骨董市となります。


炎天下のもとでの骨董市となりそうですが(汗)、皆様のご来場お待ちしております。


本日の御紹介です。


d0225812_1132339.jpg

d0225812_11325447.jpg

d0225812_1134476.jpg

d0225812_11353122.jpg

d0225812_1230229.jpg

d0225812_113643100.jpg

d0225812_11374891.jpg

d0225812_11383679.jpg

d0225812_11584182.jpg

d0225812_1159206.jpg

d0225812_12041.jpg

d0225812_1204315.jpg

d0225812_1212166.jpg

d0225812_1221338.jpg

d0225812_1232113.jpg

d0225812_1241047.jpg

d0225812_1251539.jpg

d0225812_12485411.jpg

d0225812_1255722.jpg

d0225812_1263984.jpg



Sculpture sur bois du Christ FRANCE 1700年代後期〜1800年代初期


キリストの木彫像。


リアルに表現された磔刑のキリスト像は、本体のみで40㎝と迫力のあるサイズから、十字架の大きさは1Mはゆうに超える事から、ある程度の規模の礼拝堂などに安置されていたのではないかと思われます。


本体の素材は特定できておりませんが、硬くしっかりとした部材を使用しており、細部まで忠実にバランスも美しく掘られている事から、卓越した技術者の手によるものである事は間違いございません。


買い付け時より両腕は失われておりますが、どのような雰囲気であったかを想像するのみまた楽しみの一つでもあります。


腕がついていた向きや両肩がかなり高い位置に来ていることから、腕はTの字型ではなくYの字型になっていたと推測され、
本来の磔刑時には腕が体を支えることができずに脱臼し肩が高い位置に来ることから、この木彫は
一般的な磔刑像よりも解剖学的に忠実に表現されていたようです。


16世紀のドイツの画家マティアス・グリューネヴァルト作による傑作『イーゼンハイムの祭壇画』に、その磔刑時のリアルな様子が描かれております。

d0225812_12113696.jpg



端正な顔立ちは苦痛に歪んでおりますが、静かな印象で怖さが抑えられており、やや上方を見つめる眼差しと微かに開いた口元からは今にも言葉を発しそうなリアリティを感じます。


また、忠実に再現された胸部や脚の美しいディテールもお見逃しなく。


永い時の中で、腹部周りや脚、左足の先などに虫喰いによる損傷がございますが、全体の雰囲気を損ねるほどのものではございません。


福音書の記述によると、磔刑に処せられたイエスの脇腹を、ローマの兵士ロンギヌスが槍で突いたとの
ことですが、
偶然にも左の脇腹(歴史的な絵画や彫刻では右の脇腹ですが)に虫喰いによる穴が空いているのも興味深く思います。



ディテール

全長  約40㎝
幅  約10㎝
厚み 約6㎝

¥97,200



〈INFO〉ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2015-08-14 12:41 | SAINTS  | Comments(2)
2015年 07月 14日

BENITE AUX REPARATION AGRAFES

⚪︎出店情報

7月18日(土)19日(日) ドゥマゴパリ祭@渋谷東急Bunkamura


7月26日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS
ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 


出店情報はこちらでもご確認いただけます。 ORLANDOホームページ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


先日の土/日曜日は東急Bunkamuraパリ祭"小さな蚤の市"へご来場いただいた皆様、ありがとうございました。


パリ祭はBunkamuraの年間イベントの中でも最も人気があり、期間中はオーチャードホールやル・シネマ、ギャラリーでも見ごたえのある
イベントが盛りだくさん!のため、ご来場者数も半端じゃございませんでした。


おかげさまで先日の買い付け分も多く旅立ちましたが、ご紹介できていない新商品をお持ちいたしますので、今週末の2日間もお楽しみに。


本日はその中からこちらの御紹介です。


d0225812_15305171.jpg

d0225812_15323611.jpg

d0225812_15345258.jpg

d0225812_1535529.jpg

d0225812_15373010.jpg

d0225812_15381644.jpg

d0225812_1541152.jpg

d0225812_15464948.jpg

d0225812_1621798.jpg

d0225812_1662097.jpg

d0225812_1681313.jpg

d0225812_1692488.jpg



BENITE AUX REPARATION AGRAFES FRANCE 1800年代初期〜中期


フランス中部のNEVERS(ヌヴェール)で焼かれたと思われる陶器製の聖水盤。


手書きで描かれたキリスト様は、デフォルメされた全体像や表情はどこかコミカルな印象です。


磔刑像はそのほとんどが苦痛に歪む顔や生々しい描写が多いなかで、ほっとする優しい雰囲気が漂っています。


この描かれたキリスト様の特異さもさることながら、もう一つ特出すべき特徴が丁寧に補修されたカップ部にございます。


膠(にかわ)と鎹(かすがい)を用いたこの修理法は日本では馬蝗絆(ばこうはん)と呼ばれ、
その名は東京国立博物館に所蔵されているこの修理法を用いた中国南宋時代の青磁茶碗に由来します。
公式サイトはこちら


普通は割れていたり、修理跡があるものは一般的には嫌厭されがちですが、古い時代のこの手の込んだ修理跡(法)は見方によっては
アートととも捉えられるほどの力があるように思います。


見た目を重視して内側に鎹を打ち込んでいる点も複雑で時間がかかった事でしょう、修理した職人の丁寧な仕事が伺えます。


2つとないであろう、傷つきそして復活したキリスト様です。


※補修されていますが、カップ部に水を入れると少しずつ漏れてきます。


ディテール

幅  9.5×19.5㎝
厚み 7㎝

¥27,000


〈INFO〉
ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2015-07-14 16:36 | SAINTS  | Comments(0)
2015年 06月 16日

Lustre de l'ange

⚪︎出店情報


6月21日(日)  大江戸骨董市

6月27日(土) 大江戸骨董市in代々木公園


6月28日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS
ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 


皆様のご来場お待ちしております。


出店情報はこちらでもご確認いただけます。 ORLANDOホームページ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

梅雨真っ只中にもかかわらず、昨日と本日は晴れて気温が30度を越すなど、いきなり夏のような感じですね。


ですが、雨の心配がなかったので、昨日は友人と公園に出かけてのんびり過ごしたり、
本日は仕事の合間にプールに行くことができました。



本日のご紹介は再入荷となりましたこちらです。

d0225812_19434826.jpg

d0225812_19422254.jpg

d0225812_19445816.jpg

d0225812_1955611.jpg

d0225812_19461482.jpg

d0225812_20172124.jpg



Lustre de l'ange FRANCE 1900年代初期


以前にもご紹介させていただいたことのあるシャンデリアのパーツ。


前回仕入れた際の記事はこちらになります。


今回はディーラーが持っていた在庫全てを買い占めましたので、現在35点在庫がございます。


記事の内容が重複しますが、手のひら程の大きさがある大降りのクリスタルガラス製のパーツは、
特大のシャンデリアに使われていたと推測されます。


3人の天使とキリストを表すIHS(Iesus Hominum Salvator /救いの人イエス)と、マリアを表す
AV( Ave Maria)のイニシャルがダブルで配され、その上には王冠という豪華なデザインはなかなか見かけません。


凹みがある側は裏側で、平坦な部分が正面となります。


上部に吊るす為の穴がございますので、紐を通してオーナメントとしてお楽しみ頂いたり、
ボリュームがございますので、ペーパーウェイトの様な使い方も面白かもしれません。


※実際に使用されていたもののため、ものによって小さな擦り傷や欠け(ほとんど目立たない程度です)、曇りなどがございますが、
概ね総じて良い保存状態です。


在庫全てをご紹介できませんので、通信販売では当方にて選ばせていただきますので、ご了承くださいませ。


イベントにて複数個をご覧になられたい場合はコメント欄よりお問い合わせくださいませ。


ディテール

幅  9×12.5㎝
厚み 1㎝

¥3,780  



〈INFO〉
ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2015-06-16 20:19 | SAINTS  | Comments(0)
2015年 04月 10日

JE CROIS EN DIEU

⚪︎出店情報


4月11日(土) 青山 WEEKLY ANTIQUE MARKET@青山国連大学ビル前広場


4月19日(日) 大江戸骨董市@有楽町国際フォーラム


4月26日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  ARK HILLS ホームページ
Facebookページ →赤坂蚤の市 in ARK HILLS で検索して下さい。


皆様のご来場お待ちしております。


出店情報はこちらでもご確認いただけます。 ORLANDOホームページ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

本日も冷たい雨がしとしと、、、


明日は青山 WEEKLY ANTIQUE MARKETへ出店となります。


天気予報だと、本日の雨が明日の昼ごろまで続くとか。


早い時間時に晴れることを願います!


そんな願いをこの天使たちに託したいと思います。


本日の御紹介です。


d0225812_18101184.jpg

d0225812_183024.jpg

d0225812_18303827.jpg

d0225812_18311871.jpg

d0225812_18315456.jpg

d0225812_18345790.jpg

d0225812_18353923.jpg

d0225812_18362360.jpg

d0225812_1837681.jpg

d0225812_183837.jpg

d0225812_18385538.jpg

d0225812_18432225.jpg

d0225812_184644100.jpg

d0225812_18473786.jpg

d0225812_18485194.jpg

d0225812_1850186.jpg

d0225812_18504954.jpg



JE CROIS EN DIEU FRANCE 1800年代中期


寄り添う2人の天使像。


以前、こちらでも違うデザインのものをご紹介させていただきました。


穏やかな表情の2人の天使が、JE CROIS EN DIEU(私は神を信じる)というリボンを携えております。


向かって右側の天使は右手にクロスを持ち高く掲げ、左側の天使は胸元に茨の冠を抱いております。


指の先程の小さなお顔は、それぞれしっかりと彫刻され、かすかに開いた口元は語りかける様なリアルさです。


拡がる羽根の一つ一つやうねる髪の毛、流れる衣壁のディテールも見事で、卓越した技術者の確かな腕による手彫りの作品となります。


彫像はベルベット敷の木製の板に固定されており、ナポレオンⅢ世スタイルのガラスドームとオーバルフレームに納められており、
オリジナルの壁掛けの金具が付属致します。


※向かって左側の天使の羽の下部に凹んだような傷がございますが、製作当時のものとなります。
 また、右側の天使の足の指先に小さな欠けがございます。

※フレームの上部に虫喰いの穴が数カ所、及び周囲にあたり傷がございます。

※裏側の紙貼りは経年の劣化により剥がれている箇所がございますが、フレームと本体は釘で固定されております。



ディテール

フレーム
幅  19.5×24.5㎝
厚み 約3㎝

彫刻
幅 7.5㎝×10㎝

¥54.000



〈INFO〉
ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2015-04-10 18:52 | SAINTS  | Comments(0)