カテゴリ:VAISSELLE ( 77 )


2016年 06月 24日

Cul noir3

⚪︎出店情報

6月26日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  

7月10(日)~18(月) 真夏の夜の夢Ⅱーパリのマリアー @weekendbooks

7月16日(土)/17日(日) Bunkamuraドゥマゴパリ祭 @渋谷東急文化村

7月24日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS 

7月28(日)~8日(木) 渋谷骨董バザール @東京百貨店東横店

ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 


※6月28日(火)〜7月5日(火)までフランス買い付けのため、期間中は通販業務をお休みさせていただきます。
何卒よろしくお願い致します。


出店情報はこちらでもご確認いただけます。  ORLANDOホームページ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


d0225812_1246728.jpg



d0225812_12463985.jpg

d0225812_12465667.jpg

d0225812_1247132.jpg

d0225812_1247552.jpg

d0225812_1247979.jpg

d0225812_12473544.jpg

d0225812_12474059.jpg

d0225812_12474867.jpg

d0225812_1248228.jpg




d0225812_1248775.jpg

d0225812_12481145.jpg

d0225812_12481949.jpg

d0225812_1248249.jpg

d0225812_12494928.jpg

d0225812_1250576.jpg



Pichet Cul noir FRANCE 1800年代中期


本日はCul noirご紹介3日目、ピッチャー2点のご紹介です。


まずは小さめの方から。


とても状態がよく、縁に小さなあたり傷が見られる程度。


口元から広がる白い釉薬の縁取りがよい景色です。


太めでしっかりとしたハンドルとのバランス、キュッとくびれた足元もよい感じ。


そして、大きな方はやや使い込まれて口もとと底部の縁にあたり傷やそげが見られますが、
全体的によい状態です。


内側にびっしりと入った貫入も見事です。


どちらも花を生けるのに丁度よいサイズ。


ハーブ等の派手じゃない草花と相性がよさそうな雰囲気です。



ディテール

小さい方
幅 13cm ハンドル含む
高さ 13㎝
底部直径 6.5㎝


大きい方
幅 13cm ハンドル含む
高さ 14㎝
底部直径 7.5㎝


各¥17,280



〈INFO〉ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2016-06-24 13:12 | VAISSELLE  | Comments(0)
2016年 06月 23日

Cul noir2

⚪︎出店情報

6月26日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  

7月10(日)~18(月) 真夏の夜の夢Ⅱーパリのマリアー @weekendbooks

7月16日(土)/17日(日) Bunkamuraドゥマゴパリ祭 @渋谷東急文化村

7月24日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS 

7月28(日)~8日(木) 渋谷骨董バザール @東京百貨店東横店

ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 


※6月28日(火)〜7月5日(火)までフランス買い付けのため、期間中は通販業務をお休みさせていただきます。
何卒よろしくお願い致します。


出店情報はこちらでもご確認いただけます。  ORLANDOホームページ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


昨日に続いて2つ目のご紹介です。


d0225812_19183771.jpg

d0225812_19185723.jpg

d0225812_1919196.jpg

d0225812_1919638.jpg

d0225812_19191038.jpg

d0225812_19191546.jpg

d0225812_19192060.jpg

d0225812_19192492.jpg

d0225812_19193918.jpg

d0225812_19194447.jpg

d0225812_19194911.jpg

d0225812_19195551.jpg

d0225812_1920291.jpg

d0225812_19201531.jpg

d0225812_19202897.jpg



Bol Cul noir FRANCE 1800年代中期

昨日の平皿に続いて本日は深皿のご紹介です。

使いやすいサイズで雰囲気も抜群ですが、お直しがたくさん入っております。

このお直しがこの器の最大のポイントで、当時の直し方で大胆に修復されています。

東京国立博物館に所蔵されている足利義政が所蔵していた南宋時代の茶碗の直し方と同じで、
馬蝗絆(ばこうはん)と呼ばれていますが、海外ではSTAPLE REPAIRなどと呼ばれています。

四方に入ったヒビは高台には届いておらず、いったいどうしてこのように割れたのかが不思議ではありますが、
鉄の鎹で4箇所を上手に繕っています。

また僅かに縁に歪みがありますが、底部はまっすぐで安定しておりますので、ガタツキはございません。

汁物でなければご使用にはさほど問題もなく、果物入れなどにしても様になります。

内側に1箇所の当り傷のように見える部分は元から釉薬がかかっていない箇所で、縁に3箇所の釜傷がある他は、
大胆なお直しにもかかわらず大した傷はございませんので、大切に使われてきたことが伺えます。


ディテール

直径 25cm
高さ 6㎝

¥17,280


〈INFO〉ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2016-06-23 19:41 | VAISSELLE  | Comments(0)
2016年 06月 22日

Cul noir1

⚪︎出店情報


6月26日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  

7月10(日)~18(月) 真夏の夜の夢Ⅱーパリのマリアー @weekendbooks

7月16日(土)/17日(日) Bunkamuraドゥマゴパリ祭 @渋谷東急文化村

7月24日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS 

7月28(日)~8日(木) 渋谷骨董バザール @東京百貨店東横店

ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 


※6月28日(火)〜7月5日(火)までフランス買い付けのため、期間中は通販業務をお休みさせていただきます。
何卒よろしくお願い致します。


出店情報はこちらでもご確認いただけます。  ORLANDOホームページ
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


先日の日曜日の大江戸骨董市、雨も降らずに無事に開催となり多くのご来場とお買い上げいただき誠にありがとうございました。


上記に記しましたが、4月/5月と立て続けに今回で3カ月連続となりますが、来週よりフランスに買い付けに行ってまいります。


品薄ということもありますが、続けて買い付けに行かせていただけるのはお客様及び出店させていただいているイベントのおかげでござます。
ありがとうございます。


買い付け後の出店は静岡のweekendbooks様での企画展に参加し、毎年恒例の東急文化村でのパリ祭、赤坂蚤の市を挟んで
その後初参加の東急百貨店東横店となります。


8月に入ってからは池袋西武百貨店、骨董ジャンボリー、大阪梅田阪急百貨店と続きますので、果たして今回の買い付け分でまかなえるかかなり不安ですが、
素敵な物との出会いを願って買い付けまいりますので、どうぞお楽しみに。


さて本日はこちらのご紹介です。


d0225812_14354100.jpg

d0225812_1455235.jpg

d0225812_145561.jpg

d0225812_1461850.jpg

d0225812_146147.jpg

d0225812_146530.jpg

d0225812_1461058.jpg

d0225812_1461436.jpg

d0225812_1465427.jpg

d0225812_1462611.jpg

d0225812_1463056.jpg

d0225812_1463434.jpg

d0225812_146396.jpg


Plat Cul noir FREANCE 1800年代中期


久々にご紹介のキュノワール。


お皿2点とピッチャー2点を本日から1点づつ順番にご紹介いたします。


状態、サイズ、雰囲気ともに良い物が手に入りました。


力のある器とはこういう物の事を言うのでしょう、と言いたくなるほど存在感のあるなかなか出会えない素晴らしい一品。


ちょっと大きめですが、シーンを限定するほどの大きさではございませんので、お料理好き、ご家族とのシェアでしたら
普段使いにもよく、特別な機会でのメイン用に存在感のある一枚です。


おもて面はやや青白く、使い込まれてびっしりと貫入が入っておりますが、ナイフ傷はあまりついておりませんので綺麗な状態。


縁の部分に軽いあたり傷のような物がございますが、釉薬がかかっていない部分が所々にあるため、傷に見えずに馴染んでおります。


縁から裏側にかけての釉垂れの景色が素晴らしく、裏側を飾って楽しみたいほどです。


僅かに全体的に反りがございますが、殆ど気にならない状態です。
※ナイフを使って使用される事がなければ全く問題ございません。


ディテール

幅  28×36cm
高さ 3.5㎝

¥32,400


〈INFO〉ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2016-06-22 14:25 | VAISSELLE  | Comments(0)
2016年 05月 06日

Salière de nevers

⚪︎出店情報

5月7日(日) 青山 WEEKLY ANTIQUE MARKET

5月11日(水)〜22日(日) marche aux puces-フランスの古道具市@RED CLOVER 中目黒店

5月22日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  

ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 


出店情報はこちらでもご確認いただけます。 ORLANDOホームページ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

明日は先週に引き続き青山WEEKLY ANTIQUE MARKETに出店いたします。


本日は雨でしたが、あすの予報は晴れとのことで、GWの残りの週末も楽しく過ごせそうですね。


本日の御紹介です。


本日も先日の集合写真に写っているアイテムとなります。


d0225812_1904371.jpg

d0225812_190476.jpg

d0225812_191774.jpg

d0225812_191124.jpg

d0225812_1911843.jpg

d0225812_1912250.jpg

d0225812_1913030.jpg

d0225812_191346.jpg

d0225812_1913979.jpg

d0225812_1914427.jpg



Salière de nevers  FRANCE 1700年代後期~1800年代初期


フランス中部の都市、NEVERS(ヌヴェール)焼きの塩入れ。
※当初デルフト焼きとしてご紹介しておりましたが、詳しく調べてヌヴェール焼きではないかと判明いたしましたので、訂正いたしました。


とろりとした青白い釉に、手書きで花と模様が描かれております。


見込み部分と側面のモチーフは蝶?花?でしょうか。
なんだかほっとする優しさがあります。


何箇所も欠けておりますが長生きしたものだけが許される風格が、小さな器胎から漂ってきます。


その昔塩は金よりも高価で、古代エジプトではピラミッド建設の賃金として支払われていたそうですが、
18世紀のヨーロッパにおいても、日々の食に欠かせない調味料の一つとして、胡椒などとともに
大切にされてきたのは言うまでもありません。


ディテール

幅 7.5×8.5㎝
高さ 5㎝

¥23.600



〈INFO〉ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2016-05-06 19:12 | VAISSELLE  | Comments(0)
2015年 11月 12日

Verre trompeurs

⚪︎出店情報


11月14日(土)/15日(日) 東京蚤の市


11月22日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS
ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 


出店情報はこちらでもご確認いただけます。 ORLANDOホームページ



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ちょっと間が空いてしまいましたが、いよいよ明後日と明々後日の土日は東京蚤の市です。


私は前回同様にフローリストのNya(ニャー)様のブースにてシェアにて参加いたします。


本日は措置他に持っていくアイテムの中から、先日の買い付けにて見つけたこちらのグラスをご紹介です。


d0225812_2074110.jpg


A
d0225812_208692.jpg

d0225812_20144552.jpg

d0225812_2074926.jpg

d0225812_2081063.jpg

d0225812_2015545.jpg


B
d0225812_20151147.jpg

d0225812_20152854.jpg

d0225812_201652100.jpg

d0225812_20165776.jpg

d0225812_2017471.jpg


C
d0225812_20193182.jpg

d0225812_20193646.jpg

d0225812_20194565.jpg

d0225812_20205830.jpg

d0225812_20194040.jpg


d0225812_20211438.jpg



Verre trompeurs FRANCE 1800年代後期


厚底のショットグラスを3点ご紹介です。
※コーディネートの写真はCになります。


プレスガラスで厚底になっているこちらのグラスは、ビストロやバーなどで使われていた業務用のショットグラス。


不自然なほど厚底になっており、通称でトロンプルイユグラス(だまし絵グラス)と呼ばれています。


業務用として丈夫さも兼ね備えておりますが、このガラスの塊のようなフォルムが魅力的です。


AとBは大きさが一緒ですが胴体の楯模様に違いがあり、BとCはデザインが一緒の兄弟になります。
※大きさの違いは一番最後のお写真をご参照ください。


また、Aは底部に凹みがありますが、BとCは殆ど平らになります。


リキュールのほか、お好きな方は日本酒用にお使いになるのも良いでしょう。


※業務用に使われていたもののため、小さな擦り傷等がございますが、ご使用には差し支えございません。


ディテール

A&B
高さ 約5㎝
直径 約4㎝

C
高さ 約6㎝
直径 約5㎝

プライス 各¥4.320


〈INFO〉ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2015-11-12 20:24 | VAISSELLE  | Comments(0)
2015年 10月 14日

Grand plat de Cul noir

⚪︎出店情報

10月17日(土) 青山WEEKLY ANTIQUE MARKET @青山国連大学前広場


10月18日(日) 大江戸骨董市@有楽町国際フォーラム


10月25日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS
ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 
今回の赤坂蚤の市は特別企画を設けての開催となります。
詳細は後日お知らせいたしますので、お楽しみに!


出店情報はこちらでもご確認いただけます。 ORLANDOホームページ



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

先週末の3日間に渡って開催された、アンティークフェアin 新宿へご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。


今回の買い付けで最も大きく重たかったブロンズのオブジェや木製の飾り台など、日頃外のイベントではお持ちすることが難しいアイテムが数多く旅立ちました。


今週末は青山WEEKLY ANTIQUE MARKETと大江戸骨董市に出店となります。


皆様のご来場お待ちしております。


本日のご紹介です。


d0225812_17571188.jpg

d0225812_1803042.jpg

d0225812_1812859.jpg

d0225812_1823229.jpg

d0225812_183123.jpg

d0225812_1851634.jpg

d0225812_1843530.jpg

d0225812_1883944.jpg



Grand plat de Cul noir FRANCE 1800年代中期


特大サイズのCul noirのプレート。


一見エレガントな花形リムのプレーンなお皿に見えますが、直径38㎝の迫力のある特大サイズ。


Cul noir特有の厚く重量感のあるボディーにびっしりと入った貫入が美しく、時を経たものだけが醸し出す事のできる姿を証明しております。


裏側の黒い部分はほとんど黒に近いかなり濃いめのこげ茶で、ブラックコーヒーのようなこっくりとした深い色合いとなり、
縁から流れ出る釉薬の景色も見事で、裏返して飾って楽しむ事もできます。


これだけボリュームがありながらも野暮ったい雰囲気はなく、且つエレガントなシーンにも野趣溢れるコーディネートにも映える魅力を持っています。


目視で確認できる傷はほとんど見当たらず、裏側に特有の釜傷のみの極美品となります。



ディテール

直径 38㎝
高さ 5㎝

¥27.000



〈INFO〉ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2015-10-14 18:23 | VAISSELLE  | Comments(0)
2015年 09月 24日

Plat a poisson

⚪︎出店情報

9月27日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS
ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 


10月4日(日) 大江戸骨董市@有楽町国際フォーラム


出店情報はこちらでもご確認いただけます。 ORLANDOホームページ



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


あっという間に過ぎ去ったシルバーウィーク、皆様いかがだったでしょうか?


私は先日の買い付け商品の手入れや、大江戸骨董市への出店、新たなプロジェクトのミーティング等をこなしつつ、
知り合いの展示会を幾つか覗きに行きました。


秋は春と並んでイベントが多い季節で、スケジュール帳に予定がギッシリとなりますが、
たくさんの刺激をインプット出来たらいいなと思います。


本日の御紹介です。


d0225812_19233880.jpg

d0225812_19295455.jpg

d0225812_19291622.jpg

d0225812_19303211.jpg

d0225812_1931053.jpg

d0225812_19314068.jpg

d0225812_19321496.jpg

d0225812_1932469.jpg

d0225812_1933436.jpg

d0225812_19341466.jpg

d0225812_19344719.jpg



Plat a poisson FRANCE 1800年代初期


魚用のロングプレート。


真っ白でトロッと質感が特徴的なロングプレーとは、主に魚用として使われるもの。


かなり大きめで、一般の家庭で普段使いにというわけにはいきませんが、あえて特別なシーンや、
プロフェッショナルな方にお届けしたいと思います。


錫と鉛などが原料となっている白錫釉の独特の表情は、弾くとキーンと金属的な音がします。


白錫釉の上質な陶器を生産していたフランスのMOUSTIERSまたはNEVERSのものと思われますが、
詳細は不明です。


魚用とは言っても、オードブルやパスタなど、使い方はシーンによって様々かと思います。


迫力の大きさと長い形状を存分い生かした使い方を楽しまれてはいかがでしょうか。


※縁に5箇所1㎝弱のあたり傷、わずかな削げ、うっすらとヘアライン等がございますが、ご使用に差し支えはございません。(お写真でご確認ください)
※正面の中ほどに焼成時に出来たほつ、裏面に3箇所釜傷がございます。



ディテール

幅  24×55㎝
高さ  4.5㎝

¥37,800


〈INFO〉ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2015-09-24 19:54 | VAISSELLE  | Comments(0)
2015年 07月 23日

Deux plat de cul noir

⚪︎出店情報

7月26日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS
ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 


8月2日(日) 大江戸骨董市@有楽町国際フォーラム


出店情報はこちらでもご確認いただけます。 ORLANDOホームページ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


今週末の26日(日)は赤坂蚤の市の開催となります。


台風が近づいているようで、少し心配ですが無事に開催されることを祈ります。


本日はこちらにお持ちするアイテムの中から、2つをご紹介いたします。


d0225812_14574148.jpg


柄なし
d0225812_1502689.jpg

d0225812_1513917.jpg

d0225812_1522085.jpg

d0225812_154521.jpg

d0225812_1543417.jpg

d0225812_1551024.jpg

d0225812_1554392.jpg

d0225812_1561320.jpg



柄あり
d0225812_1565525.jpg

d0225812_15121858.jpg

d0225812_15132172.jpg

d0225812_15135843.jpg

d0225812_15142778.jpg

d0225812_151521.jpg

d0225812_15162397.jpg

d0225812_15153823.jpg

d0225812_15402990.jpg



Deux plat de cul noir 1800年代中期 FRANCE


キュノワールのお皿2点のご紹介です。


今回の買い付けでは、良い状態のキュノワールを計4点買い付けてまいりましたが、そのうちの2点(同じく皿のタイプ)は
先日お知らせいたしました中目黒のREDCLOVER様にてお取り扱いいただいており(1点は売約済み)ます。


本日ご紹介の2点はそれぞれに深さがあり、使い勝手の良い大きさが魅力です。


土でできている事もあり、激しい損傷が多いキュノワールですが、ちゃんと使えて損傷もあまり目立たない点も◎。


柄なしのタイプはキュノワールにしては小ぶりの嬉しいサイズ。


使い込まれて全体にびっしりと入った貫入は貫禄があり、実用はもちろんのこと、観賞用としてもオススメです。


小ぶりのフルーツの盛り皿としても良さそうです。


柄ありの方は、キュノワールにしては珍しくラフなタッチの花柄なので、柄入りでもうるさい感じはいたしません。


この程度の柄なら、田舎風の朗らかなコーディネートで楽しんでいただけそうです。


直径約29㎝と大きそうに見えますが、縁を除くと22㎝となりますので、そこまでは大きくありません。


※それぞれに焼成時にできた窯キズがございます。
また、裏側には高台部などに擦り傷や削げがございます。
柄ありの方は1箇所ヒビがございますが、貫入と混じって目立ちません。



ディテール

柄なし
直径 約26㎝
高さ 約5.5㎝
¥24.840

柄あり
直径 約29㎝
高さ 約5.5㎝
¥19.440



〈INFO〉
ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2015-07-23 15:44 | VAISSELLE  | Comments(0)
2015年 07月 02日

Plat de marque du coeur

⚪︎出店情報

7月5日(日)  大江戸骨董市 
皆様のご来場お待ちしております。※天候不順のため中止となりました。


7月11日(土)12日(日)・18日(土)19日(日) ドゥマゴパリ祭@渋谷東急Bunkamura


7月26日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS
ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 


出店情報はこちらでもご確認いただけます。 ORLANDOホームページ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


あっというまに5月末に行った買い付けから1月以上が経過し、そろそろ忘れないうちに旅行記を書かなければ!と焦っております。


近日中に少しずつアップしていこうと思いますのでお楽しみに!


ひとまず本日はいつものご紹介を。


d0225812_1322622.jpg

d0225812_13233747.jpg

d0225812_13245976.jpg

d0225812_13261110.jpg

d0225812_13402330.jpg

d0225812_13411557.jpg

d0225812_13423466.jpg



Plat de marque du coeur FRANCE 1800年代後期


ハートマークの深皿。


先日の買い付けで、いつも好きで必ずチェックするスタンドにて買い付けました。


そのスタンドを出している二人組みのおじさま方、実は骨董屋が本業ではなく、年に2回だけ開催のこのイベントにしか出店しておらず、
好きで買い集めたものを売りに出しているそう。


二人の感性の元に集められたオブジェ達は、一つ一つは時代もテイストも完全にバラバラですが、全体を見ると親密な調和でまとまっていて、
私の感性に近いものがあるので、ちょくちょく買わせていただいているのですが、今回のアイテムもその一つになります。


ウンチクは抜きにして、ステンシルでプリントされたハートと家のようなマーク、月桂樹と思われるガーランドの組み合わせに一目惚れしました。


プリントの色合いは濃い紫色に近い感じで、周りの黄色の輪も良いアクセントになっています。


ハートは上部に炎のようなものが付いていますので、サクレクールと思われ、キリスト教に由来しているかもしれません。


また、Nのマークと家のようなものはナポレオンの霊廟を意味するのかも?しれませんが、詳細はわかりません。


縁にひびがございますので、スープは難しいと思いますが、パンやお惣菜用にまたは小物入れや飾り皿としていかがでしょうか。


ディテール

直径 20.5㎝
高さ 4㎝

¥8,640

by orlando76 | 2015-07-02 13:45 | VAISSELLE  | Comments(0)
2015年 06月 26日

Rècipient en verre

⚪︎出店情報


6月27日(土) 大江戸骨董市in代々木公園


6月28日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS
ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 


7月5日(日)  大江戸骨董市 
皆様のご来場お待ちしております。


出店情報はこちらでもご確認いただけます。 ORLANDOホームページ

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


明日は代々木公園での大江戸骨董市、そして明後日は赤坂蚤の市に出店いたします。


先週の日曜日は雨で流れてしまった大江戸骨董市、明日の天気予報もあまり良くありませんので、中止となった場合は
本日の夕方に大江戸骨董市のホームページにて告知されますので、そちらをご参照くださいませ。


なお、赤坂蚤の市は屋外ではございますが、屋根付きの広場にて開催のため、多少の雨でも平気です。


そして、最寄駅の六本木一丁目からは全く濡れずに会場までたどり着けますので、以前こちらでご紹介した道順をご参照くださいませ。


皆様のご来場をお待ちしております。


本日の御紹介です。


d0225812_11375074.jpg

d0225812_12113576.jpg


S
d0225812_1142694.jpg

d0225812_11435375.jpg

d0225812_11461544.jpg

d0225812_11471399.jpg



L
d0225812_11482052.jpg

d0225812_11492919.jpg

d0225812_11512543.jpg

d0225812_12122974.jpg



Rècipient en verre FRANCE 1900年代初期


背の低い寸胴型のガラス製容器。


3.4年前の買い付けで1度出会って以来、久しぶりの御紹介です。


縁が折り返されてくびれているところに紐をかけて、布や油紙などで蓋をしていた保存容器となります。


2つ並べた写真で見ると分かりやすいかと思いますが、Sは少しピンク系の色合いでLはグリーンぽい感じとなります。


また、セットというわけではございませんが、SはLにすっぽりと収まるサイズで、スタッキングが出来ます。


シンプルな形状で一見普通な感じではありますが、人気のある三角形のジャム瓶よりも見かけることが少なく、
ありそうでない、ちょっと変わり者でもあります。


クセがないので保存容器としてはもちろんですが、夏の食卓にぴったりな器としての活用もオススメです。


※底部に細かな擦り傷等の使用感がございますが、欠けやヒビはございません。



ディテール

A
直径 9.5㎝
高さ 4.5㎝

¥5.400

B

直径 11㎝
高さ 6㎝

¥6.480

〈INFO〉
ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2015-06-26 12:19 | VAISSELLE  | Comments(0)