「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 05日

大江戸骨董市 ありがとうございました〜

出店情報

3月18日(日)大江戸骨董市
ご来場お待ちしております。


昨日は大江戸骨董市にご来場/お買い上げいただいたお客様、ありがとうございました。

d0225812_012268.jpg


4ヶ月ぶりの開催という事で、久しくお客様に会える事ができ楽しい時間を過ごす事が出来ました。
天候が怪しい雰囲気でしたが、開催中はなんとか無事営業出来ました。

次回は18日(日)に出店いたします。

おかげ様で、こちらのブログに掲載際させていただいたアイテムの多くが完売となりました。
只今、ホームパージの制作を進めていますが、掲載を予定していた商品が売れた事もあり、
追加の写真を再度検討しなおしておりますので、今週中にアップ出来ればと思います。

どうぞ宜しくお願いいたします。

by orlando76 | 2012-03-05 00:50 | 骨董市 | Comments(2)
2012年 03月 03日

石膏おじさん

出店情報

3月4日(日)大江戸骨董市
昨年の11月から4ヶ月間会場の工事のため休止していましたが、3月4日より復活いたします!
昨年末買い付けアイテムを中心に、ブログでもまだご紹介しきれていないアイテムをどっさり
(ってそんなに持っていけないけど)ご用意いたします。
ご来場お待ちしております。

ひな祭りですね。
本日は明日の出店の準備がありますので、お祝いしている暇はありませんが、
せめて全国の女性(女の子?)の幸せを心から祈りたいと思います。
(そういう日ではない?間違ってる?)

そんな女の子の為の日にこんなアイテム紹介していいのか...と思いつつ、
本日のご紹介です。


d0225812_158368.jpg

d0225812_1592272.jpg


フランス 石膏製壁付けコンソール

つまり、飾り棚ですね。
ヨーロッパの洒落たお宅に住むコスモポリタンな方々は、壁を飾るのがとても上手だと思います。
そんなスタイルに憧れて、自宅の壁にも絵やオブジェを飾っているのですが、賃貸なので大きな物や
重いものはなかなか難しいのです。

木や石/石膏で出来た壁付けのコンソールをよく買い付け先でも見かけますが、小さくてそんなに重くない
ものじゃないと難しいので、なかなかこれというものが見つからないのですが、今回のこれは小振りで
石膏製ですが重くないのでよいです。

ディテール

d0225812_201384.jpg

d0225812_265726.jpg

d0225812_28824.jpg

               裏は空洞になっています だから軽い
d0225812_284579.jpg

d0225812_293285.jpg

               手のひらサイズ

 サイズ
 全体   縦 16㎝
      横 11.5㎝

 上部の飾り台部 横   11.5㎝
         奥行き 9.5㎝

 重さ 290g

 プライス SOLD

半開きのオジサンの口と、華やかな装飾とのマッチ感がいいですね。

d0225812_2162137.jpg


小さなカードとかアクセサリーを飾るのにいいかも。
又は小さな鉢物も◎


※こちらのブログのカテゴリー分けをすすめております。
 今まで古物でまとめておりましたが、あらたに食器/OTHERS/書物・紙ものを加えて
 過去の記事を振り分けなおしております。
 順次あらたなカテゴリーの追加と振り分けも行っていきます。

※商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。
 尚、プライバシー保護のため返信の為のアドレスやお名前を記載される場合は“非公開コメント”に 
 チェックしていただき投稿をお願いします。
 折り返しご連絡させていただきます。
 
 どうぞ宜しくお願いいたします。

by orlando76 | 2012-03-03 02:24 | AUTRES BIENS | Comments(0)
2012年 03月 02日

Lecher Frites

出店情報

3月4日(日)大江戸骨董市
昨年の11月から4ヶ月間会場の工事のため休止していましたが、3月4日より復活いたします!
昨年末買い付けアイテムを中心に、ブログでもまだご紹介しきれていないアイテムをどっさり
(ってそんなに持っていけないけど)ご用意いたします。
ご来場お待ちしております。


雪が溶けてる音かな?と思いきや雨ですね。
雪→晴れて暖かい→雨と、ここ数日変化のあるお天気。
春って感じですね。
明後日の市は晴れてほしいですね〜


本日のご紹介

d0225812_13311751.jpg

d0225812_13322852.jpg


フランス  Lecher Frites 

プロバンス(南仏)の伝統的な料理Rôti de porc à la broche(ポークの串焼き)を作る時の付け合わせ
となるフレンチフライ(フライドポテトですね)を作る時に使う物です。
片口になっているのはその料理が汁気が多く平たいから器に移し易いようになんでしょうね。

暖炉で串焼きの肉を焼きつつ、それから出て来る肉汁をジャガイモやタマネギ/ハーブ類をいれた
こちらの鍋で受け止めて(つまり肉の下にこの鍋を置く)調理するという料理なのですが、
この料理、実際に私は食べた事があります。
先日のブログで書いたノルマンディーのアーティスト宅で頂いた料理がそれで、盛られていたお皿が
キュノワールだった訳です。
今考えても凄い貴重な体験だったと思う。

STEAK FRITES(フライドポテトを添えた牛ロースのステーキ)という定番メニューがどこのビストロでも頂けますが、
これって、形は変わってもベースが郷土料理からと考えると面白い物です。
まあ、今は暖炉や Lecher Fritesは使わないと思いますけど。

ディテール

d0225812_14332965.jpg

d0225812_1434064.jpg

d0225812_14342953.jpg

d0225812_1454502.jpg



 サイズ
 横  41㎝  ※把手から片口までの全長 
 縦  24.5㎝
 高さ 5.5㎝

 SOLD

器胎のナイフ傷が絵の様で好きなのですが、気になる方もいらっしゃるかも。
暖炉で使う方は流石にあまりいないかもしれませんが、オーブンは問題ないはずです。
普通に肉料理や魚など載せて器としてお使いになるのも◎


買い付け日記つづき

12月8日(木)中編

BOTANIQUEのWUNDERKAMMER展を見た後、同じ建物の小さなギャラリーで開催されてた
個人の展示も見る事に。

d0225812_159372.jpg


ERIC CROES ALONE
このアーティストの事は詳しく知りませんが、なかなか面白い展示でした。
ドローイングや彫刻(というよりフィギュアという方がいいのか?)メインの展示で、
多分若い方だろうと思うのですが、グラフィティを思わせるタッチが親近感を覚えます。

d0225812_1512543.jpg

d0225812_15131716.jpg

d0225812_15135466.jpg

                山奥に球場が!

d0225812_15142381.jpg

d0225812_15152167.jpg


(最後の写真)これは面白かった。
やぐらの上にある線路が、メビウスの輪になっていて電車がひたすら走っているのですが、
やぐらが貧相なため全体がグラグラと動いていていて今にも倒壊しそう。
きっと奥の深いコンセプトがあるのだろうと勝手に想像。
社会の構造を皮肉っているのか?とか...


後編につづく


※こちらのブログのカテゴリー分けをすすめております。
 今まで古物でまとめておりましたが、あらたに食器/OTHERS/書物・紙ものを加えて
 過去の記事を振り分けなおしております。
 順次あらたなカテゴリーの追加と振り分けも行っていきます。

※商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。
 尚、プライバシー保護のため返信の為のアドレスやお名前を記載される場合は“非公開コメント”に 
 チェックしていただき投稿をお願いします。
 折り返しご連絡させていただきます。
 
 どうぞ宜しくお願いいたします。

by orlando76 | 2012-03-02 15:21 | VAISSELLE  | Comments(0)
2012年 03月 01日

Cul noirの鍋

出店情報

3月4日(日)大江戸骨董市
昨年の11月から4ヶ月間会場の工事のため休止していましたが、3月4日より復活いたします!
昨年末買い付けアイテムを中心に、ブログでもまだご紹介しきれていないアイテムをどっさり
(ってそんなに持っていけないけど)ご用意いたします。
ご来場お待ちしております。

今日から3月。
本日は昨日とは打って変わっていい天気ですね〜
気温も14度までなるとか。

昨日は一時帰国しているパリに住んでいる親友と嘉手納氏(物と事)と先日のブログでも紹介した
桜島大根の重ね煮を作ってくれたN氏の4人で呑みに行きました。
行った先はいわゆる普通の大衆居酒屋。
パリにはこういったスタイルの店が無いので、久しぶりで楽しかったとの事。よかったです◎

その親友からのお土産

d0225812_10203880.jpg


世界遺産モンサンミッシェルに構えるレストランLa Mere Poulardのクッキー。
こちらのレストラン、丸の内にも最近オープンしたそうですが、創業者のプラールおばさんのレシピ
によるふわふわオムレツが有名だとか。
クッキーはそこのオリジナルの様で、頂いたのはプレーンなタイプですが、チョコチップクッキーとか
塩キャラメル(ブルターニュだしね)など他にも種類があるようです。

フランスには当然何度も行ってはいるのですが、毎回仕事ということもあり、パリから少し離れている
モンサンミッシェルはまだ行った事がございません。ヴェルサイユ宮殿もない。

いつか行ってみたいものです。


本日のご紹介

d0225812_114142100.jpg

d0225812_11435639.jpg


フランス Cul noir(キュノワール)の把っ手付き鍋

昨日キュノワールについてはご説明しましたので省かせていただきますが、こちらは
直接火にかけて使われていた物で、食器というより調理器具といったほうがいいかもです。

スープや煮物を作るのにつかわれていたのでしょうが、出来上がったらこのままテーブルに
どーんと置いて、取り分けるというような、クラシックな映画のワンシーンを想像してしまいます。

普段使わないときや小家族の場合は台所で野菜を入れて使ったり、ダイナミックな枝ものを生けたり
しても絵になるだろうな〜

こんなキッチンが理想↓

d0225812_13142098.jpg



ディテール

d0225812_11585821.jpg

d0225812_11593558.jpg

d0225812_1201036.jpg

d0225812_1212354.jpg

d0225812_1204387.jpg

d0225812_1215971.jpg


 サイズ
 直径 25㎝ 把っ手含む
 高さ 15㎝

 プライス ¥22,000

昨日のキュノワールよりやや青みが強い色合い。
裏は濃いめのカフェオレ色といったかんじでしょうか。

内部の底に小さな剥がれ傷と、焼成時に出来たと思われる膨らみがございますが、水漏れはしませんでした。
一日水を入れっぱなしにして試しましたので、お料理を入れたり、花器としての使用は問題なさそうです。

底部にORLEANSの刻印。
ジャンヌ・ダルクゆかりの地ですね〜
語りだすと止まらなさそうなので、サラッと紹介すると、パリから1時間程度のロワール地方
に位置する街で、中世の頃よりパリ・ルーアンと並び最も豊かな土地であったそう。
古城が幾つも点在し、観光ツアーが人気のようで、いわゆる最もフランスらしい景観が楽しめるそうです。
うーん、行ってみたい!
そんな歴史と伝統のある土壌から生み出されたキュノワール(他の地域でも作られていましたが)、
ただ者ではない存在感も納得です。


久々に買い付け日記の続きを...

12月8日(木) 前編

本日は完全にオフ。
昨日に引き続き美術館巡りで、まずは滞在先からバスを乗り継いでLa Botanique(植物園)へ。

d0225812_1322430.jpg


街のど真ん中にありながら、広大とは言えませんが庭園と併設された温室があり、都会の中の
オアシスと言った印象のスペース。

温室が入っている建物に、カフェと小さな美術館があり、企画展メインで面白い展示を行っているよう。

今回は、町中に張られていたこのポスター↓

d0225812_13332147.jpg


を見て、興味が湧いて行く事に。

現代のアーティストにより表現されたWUNDERKAMMER(ヴンダーカンマー/脅威の部屋)がテーマで、
ポスターの作品はJan Fabre(ヤン ファーブル/アントワープ出身の彫刻家・演出家で、"ファーブル昆虫記"のファーブルのひ孫)
のもので、今回の展示の目玉。
もうひとつ展示されていた、玉虫のネックピースも素敵でした。

他にはこのような作品が

d0225812_13435494.jpg

d0225812_13441620.jpg

d0225812_13444137.jpg

d0225812_1345147.jpg

d0225812_1345223.jpg


写真/彫刻/映像などかなり刺激的でした。

クラシックな作品も好きですが、このようなモダンでパンチのあるものも大好きなのです。


※こちらのブログのカテゴリー分けをすすめております。
 今まで古物でまとめておりましたが、あらたに食器/OTHERS/書物・紙ものを加えて
 過去の記事を振り分けなおしてております。
 順次あらたなカテゴリーの追加と振り分けも行っていきます。

※商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。
 尚、プライバシー保護のため返信の為のアドレスやお名前を記載される場合は“非公開コメント”に 
 チェックしていただき投稿をお願いします。
 折り返しご連絡させていただきます。
 
 どうぞ宜しくお願いいたします。

by orlando76 | 2012-03-01 10:33 | VAISSELLE  | Comments(0)