ORLANDO

orlando76.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 30日

Or éléphant

出店情報

11月20日(水)〜12月03(火) 伊勢丹新宿本店4F

12月1日(日) Marche aux puces AKASAKA @アークヒルズ カラヤン広場

12月6日(金)~12日(木) Oveja Negro 黒い羊の聖誕祭 @カワウソ
皆様のご来場お待ちしております。
....................................................................................................

帰国後、カラッとしたいい天気(ちょっと乾燥が気になりますが)が続いていますね。
明日は日中は15度くらいまで上がるとかで、お買い物やイベントに出かけるのも丁度良い
お天気になりそうです。

明日はアークヒルズ カラヤン広場での蚤の市に参加致します。

今回の買い付け分の中から、準備が整ったアイテムをひとまずお持ち致します。

こちら↓もお持ち致しますので、お楽しみに。

本日のご紹介です。

d0225812_1315188.jpg

d0225812_13171729.jpg

d0225812_13201027.jpg

d0225812_13411178.jpg


Or éléphant FRANCE 1800年代後期〜1900年代初期

アールヌーヴォー期に作られた、家具やインテリア小物、アクセサリー等に使われる装飾用のパーツのデッドストック。
メッキや彩色、パーツを取り付ける加工がされる前の段階の物となります。

銅板をプレスして作られていますが、型が精巧にできていたため、細かなディテールまで忠実に再現されています。
左向きと右向きがありますので、両方を会わせると立体的になります。

東急ハンズや画材屋で売られている、額に付けるフックをお取り付けいただければオーナメントとしても楽しめそうです。

象以外にも、フクロウ/ヒツジ/トカゲ/ドラゴン/ツバメ/モス等の動物、花/リーフ/天使の羽根などがございまして、
これまでご紹介してきたデザインに加え、新作が50種程追加されます。

一点ものも多数ございますので、どうぞお見逃しなく☆

サイズ
幅  6㎝×9㎝
厚み 1㎝

¥4,725  ※右向き左向きそれぞれ1点ずつのお値段となります。 また、それぞれ1点ものとなります。


〈INFO〉
ブログに掲載したお品のディテールの詳細は、週末の出店明けの月曜日に
ORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。
尚、プライバシー保護のため返信の為のアドレスやお名前を記載される場合は“非公開コメント”に 
チェックしていただき投稿をお願いします。
折り返しご連絡させていただきます。

どうぞ宜しくお願い致します。 

by orlando76 | 2013-11-30 14:16 | PARTENT | Comments(0)
2013年 11月 29日

Petit plat de floral

出店情報

11月20日(水)〜12月03(火) 伊勢丹新宿本店4F

12月1日(日) Marche aux puces AKASAKA @アークヒルズ カラヤン広場

12月6日(金)~12日(木) Oveja Negro 黒い羊の聖誕祭 @カワウソ
皆様のご来場お待ちしております。
....................................................................................................

本日のご紹介です。

d0225812_11572381.jpg

d0225812_1159822.jpg

d0225812_11591168.jpg

d0225812_128525.jpg

d0225812_1291564.jpg

d0225812_1294943.jpg


Petit plat de floral FRANCE 1800年代初期


昨日のコンポティエもですが、本日のこちらも今回の買い付けの中でもとても気に入っている一点です。

サイズが珍しく、手を広げた程度(直径16.5㎝)になりますので、ままごと用に作られた物ではないかと思います。

白地にコバルトブルー/グリーン系のブルー/黒っぽいブルーで描かれた優しいタッチの花は、普通サイズのお皿だと
ちょっと微妙になりそうなところですが、ミニサイズに助けられて丁度良い塩梅です。

プレートの表面にはナイフ傷などは全くありませんので、やはりままごと用だったと思います。

詳しい産地は特定出来ておりませんが、ニュアンスのある釉調や絵付けの色合いはデルフトに近い様な印象もします。

和菓子が似合いそうな雰囲気で、壁掛け用のフックを使って絵のように飾っても良さそうです。

ニュウや縁の削げなどそれなりのダメージはございますが、許容範囲内に納まっています。


直径 16.5㎝
高さ 1㎝

¥16,800



〈INFO〉
ブログに掲載したお品のディテールの詳細は、週末の出店明けの月曜日に
ORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。
尚、プライバシー保護のため返信の為のアドレスやお名前を記載される場合は“非公開コメント”に 
チェックしていただき投稿をお願いします。
折り返しご連絡させていただきます。

どうぞ宜しくお願い致します。 

by orlando76 | 2013-11-29 12:24 | VAISSELLE  | Comments(0)
2013年 11月 28日

Compotier de rococo

出店情報

11月20日(水)〜12月03(火) 伊勢丹新宿本店4F

12月1日(日) Marche aux puces AKASAKA @アークヒルズ カラヤン広場

12月6日(金)~12日(木) Oveja Negro 黒い羊の聖誕祭 @カワウソ
皆様のご来場お待ちしております。
....................................................................................................

なんとか無事に昨日帰国致しました。
今回初めて短期の買い付けで、ちゃんと買えるか心配でしたが、予想以上の収穫で行って良かったです。

d0225812_1742319.jpg


                今回の一番の目的地、パリの3区で行われた蚤の市です。
                詳細はまた改めて、買い付け日記にて記したいと思います。



毎回ご好評いただいているデッドストックのメタルパーツはちゃんと数えていませんが1600ピース以上、
(1点ものも多いのでお早めに!)ナポレオンⅢ世時代のフレームやビストログラス、クリスマスを意識したアイテムも
充実しております。

短期間と行っても、ある時にはあるものですね。

今週末の上記アークヒルズの骨董市にて、準備出来た物から初お披露目と致しますので、どうぞお楽しみに。


早速今回の買い付けからこちらをご紹介します。

d0225812_180418.jpg

d0225812_1825654.jpg

d0225812_1872395.jpg

d0225812_18174680.jpg

d0225812_18364730.jpg

d0225812_18403422.jpg


Compotier de rococo 1800年代中期 FRANCE

バロック時代の庭園の岩組(ocaille/ロカイユ)が転じてロココと呼ばれるようになった、自然の曲線やうねり、植物の葉などが
モチーフのロココスタイルは、マリーアントワネットの時代に栄華を極め、ギロチンの刃により終止符が打たれました。

こちらのコンポートは型抜きと編み込み技法という、2つの職人技が必要とされる複雑な手法が用いられ、網状になっている部分は
特に繊細に作られており、約2㎜程に結わえた陶土を一本ずつ手作業により貼付けております。

また、これらの意匠は、適切な管理下の元で焼成をしなければ、ひび割れや変形の原因となってしまうため、窯自体も高度な技術が
必要とされました。

脚と皿の部分は最初に別々に作られ、焼き上げる際に接着されたようです。

ロココスタイルと言いますと、甘くロマンティックなイメージに捉えられがちですが、白一色であることや、時を経ていい具合に
変色した皿の部分の味わいにより、渋さも感じさせます。

シミ以外は目立つ大きなダメージはございませんが、皿の縁部にあたりによる微細な欠け
(約8カ所程で、大きくとも2×3㎜で殆どが裏側に位置しております)
がございます。



サイズ

直径 23㎝
高さ 10㎝

¥18,900


〈INFO〉
ブログに掲載したお品のディテールの詳細は、週末の出店明けの月曜日に
ORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。
尚、プライバシー保護のため返信の為のアドレスやお名前を記載される場合は“非公開コメント”に 
チェックしていただき投稿をお願いします。
折り返しご連絡させていただきます。

どうぞ宜しくお願い致します。 

by orlando76 | 2013-11-28 18:44 | VAISSELLE  | Comments(0)
2013年 11月 19日

買い付けに行って参ります。

出店情報

11月20日(水)〜12月03(火) 伊勢丹新宿本店4F

12月1日(日) Marche aux puces AKASAKA @アークヒルズ カラヤン広場

12月6日(金)~12日(木) Oveja Negro 黒い羊の聖誕祭 @カワウソ



皆様のご来場お待ちしております。
....................................................................................................


急遽ですが、明日より27日までの約1週間程の日程でフランスへ買い付けに行って参ります。
期間中はホームページの通信販売のご注文分の対応が帰国後の28日以降となりますので、ご迷惑おかけ致しますが、どうぞご了承下さいませ。


帰国後初の出店となる、上記記載のイベント“Marche aux puces AKASAKA”及び“Oveja Negro 黒い羊の聖誕祭”にて新商品をご紹介させていただきたいと思います。

アークヒルズでのイベントは今週末から開催のクリスマスイベントの一環として、毎週日曜日に蚤の市が開催されます。
厳選されたディーラーが出店するこちらのイベント、初回は買い付けのためORLANDOはお休みさせていただきますが、2回目の12月1日の会から毎週日曜日に出店致します。

また、カワウソさんで開催の“Oveja Negro 黒い羊の聖誕祭”は主催の堤様がセレクトされたアイテムをディーラーによるイベントとなります。
詳しくは近日中にカワウソ様のホームページにアップされますので、ご参照下さいませ。

d0225812_12332229.jpg

d0225812_12322417.jpg




素敵なアイテムとの出会いを期待しまして、行ってきます☆

by orlando76 | 2013-11-19 12:36 | 雑記 | Comments(0)
2013年 11月 19日

買付旅行記 2013秋 続き 〜帰国

出店情報

11月20日(水)〜12月03(火) 伊勢丹新宿本店4F

12月1日(日) Marche aux puces AKASAKA @アークヒルズ カラヤン広場

12月6日(金)~12日(木) Oveja Negro 黒い羊の聖誕祭 @カワウソ
皆様のご来場お待ちしております。
....................................................................................................

週末のKottou- Douri Weekly Street Market/大江戸骨董市にご来場いただいた皆様、有り難うございました。

大江戸骨董市は、会場の改修工事により来年の3月まではお休みとなることもあり、いつもよりもご来場者が多かったように思います。
大江戸でしか出会えないお客様も多いので、ちょっと寂しい気もしますが、また春に会える事を楽しみしております。

ORLANDOは上記にも記したイベントにこれからもちょこちょこ出店致しますので、そちらもどうぞ宜しくお願い致します。

本日は買付旅行記の最後の記事となります。



買付旅行記 2013秋 〜帰国

9月7日(土)

何となくスッキリと市内お天気の中、2時間程かけて電車を乗り継いでいつも行く郊外の蚤の市会場へ。

前回あまりいい買い物が出来なかったので、今回こそは!と意気込んだものの、なかなか巡り会う事ができずに、
たったの1点のみ買い付け、すごすごと会場を後に。

市内に帰り着いた時は既に昼近くになっていましたが、諦めきれずに市内の蚤の市に向かい、業者が片付けを始めてるなかで
幾つか買い付け、なんとか煮え切れない気持ちを押さえる事が、、、。


9月8日(日)

今回最後の買い付けの日。

いつもは電車を乗り継いでいっているトンゲレンの市へ、今回はベルギーに住む友人の車で行く事に。

途中雨が降り始め不安一杯でしたが、激しくなる事もなく無事蚤の市は開催されていました。

質のいい物が多いと会場なので、量は少なかったものの探していたアイテムと出会う事ができ、大満足で最後の買い付けを終える事ができました。

午後にはブリュッセル市内に戻り、その時には晴れ間が見えてだんだんと暑くなり、朝の雨がうそのようないいお天気に。

d0225812_054161.jpg

ピーカンです。


ランチの後で、友人とミッドセンチュリー期メインの家具の蚤の市へ。

d0225812_1241425.jpg


会場は運河沿いにある元倉庫。
廃屋と化した巨大な倉庫が連なる様はそれだけでも見応えがありました。

d0225812_1204969.jpg

d0225812_1222023.jpg

d0225812_1265151.jpg

d0225812_1283836.jpg



一脚数千ユーロもするレアなイスが売れていたり、面白いデザインの作品が多数見れてとてもエキサイティング。

TOUR&TAXISという展示会場で行われているこのイベントは、オランダやドイツ等を巡回するようで、ブリュッセルでも
何度目かの開催とか。
会場は最終日の午後にも関わらず多くのお客様で賑わっており、かなり人気のあるイベントのようです。

所謂アンティークと呼ばれる物はほとんどなく、ヴィンテージがメインのイベントですが、レアなアイテムも沢山あるようで、
お好きな方にはたまらないのではないでしょうか。

機会があれば、バイヤーとして初日に訪れてみたいと思う様な思いがけずいい出会いのあった買い付け旅行最後の日となりました。


終わり





〈INFO〉
ブログに掲載したお品のディテールの詳細は、週末の出店明けの月曜日に
ORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。
尚、プライバシー保護のため返信の為のアドレスやお名前を記載される場合は“非公開コメント”に 
チェックしていただき投稿をお願いします。
折り返しご連絡させていただきます。

どうぞ宜しくお願い致します。 

by orlando76 | 2013-11-19 12:15 | 雑記 | Comments(0)
2013年 11月 17日

買付旅行記 2013秋 続き ブリュッセル 

出店情報

11月17日(日) 大江戸骨董市
※2013年12月〜翌年3月まで、会場の改修工事によりお休みとなりますので、その前の最後の市となります。

皆様のご来場お待ちしております。
....................................................................................................

買付旅行記 2013秋 続き ブリュッセル

9月5日(木)

昨日の夕方パリより到着し、今回のステイ先のブリュッセル中央駅近くのアパートから、本日も蚤の市に出勤。

d0225812_23521635.jpg


ガイドブックにも載っている有名なジュドバル広場の蚤の市。
殆どが本当にガラクタとしか呼べない様な物ばかりですが、丹念に探せば掘り出し物が見つかります。

山と積まれた段ボールをシラミつぶしに(ノミの市ですが、、W)根気よく探さねばなりません。

平日開催の市内の蚤の市を午前中に物色中に、なんとパリで遭遇したle trotのC夫妻とまたも遭遇。
あるんですね〜こういう事。
C夫妻はこの後午後からオランダへ向かうとの事だったので、再びお互いの健闘を祈りつつお別れ。

一度宿に荷物を置いたあと、梱包用の段ボールを拾いに街をブラブラしつつ、宿の近くにある激安古本屋のPELE-MÈLEへ。

d0225812_0068.jpg


本の他、CDやDVD/ゲームのソフトなども売っており、BOOKOFFみたいな感じですが、とにかく安くってビックリ。
私は毎回ここで、資料用にオークションのカタログや美術書等を数冊買い求めます。

d0225812_032094.jpg


今回買った本の中でも特にお気に入りの、古い時代の合成写真の作品集。
表紙の翼の生えた象(Claude Bromleyの作品)に一目惚れです。


9月6日(金)

本日は市内のアンティーク/ヴィンテージショップ巡り。

ジュドバル広場の近くには沢山のアンティークショップがありますが、毎回観るだけであまり買う事はありません。
目の保養を兼ねつつ、贅沢な本物のアンティークを観て勉強です。

また、今回は初めて宿泊先の近所にあるヴィンテージショップのエリアを散策してみました。

ここ最近になって新しく店が次々にオープンしたようで、インダストリアル系の家具屋や20年代前後中心のヴィンテージの洋服屋が数件固まっており、見応え豊富でした。

d0225812_016264.jpg


こんな彫刻が路上にポツンとあるこのエリア。
閑静な住宅街で、オシャレな雰囲気のカフェもありましたので、もしかしたらブリュッセルで最も注目のエリア?なのかもです。

続く



〈INFO〉
ブログに掲載したお品のディテールの詳細は、週末の出店明けの月曜日に
ORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。
尚、プライバシー保護のため返信の為のアドレスやお名前を記載される場合は“非公開コメント”に 
チェックしていただき投稿をお願いします。
折り返しご連絡させていただきます。

どうぞ宜しくお願い致します。

by orlando76 | 2013-11-17 09:00 | Comments(0)
2013年 11月 16日

買付旅行記 2013秋 続き 梱包と出荷 

出店情報

11月16日(土) Kottou-Douri Weekly Street Market

11月17日(日) 大江戸骨董市
※2013年12月〜翌年3月まで、会場の改修工事によりお休みとなりますので、その前の最後の市となります。

皆様のご来場お待ちしております。
....................................................................................................

買付旅行記 2013秋 続き 梱包と出荷

9月2日(月)

本日はゆっくりと起床して、昼前から梱包を始める。

リールで買い付けたパニエ(籠)が思ったよりもボリュームがあり、梱包に手間取るも、
夕方までに60キロ分の梱包を終えて一安心。

毎回、梱包する時になってなんでこれ買ったんだろう、、、と思う事がありますが、買っちゃったものは
仕方ありません。

無事に日本に届きますようにとお祈りするばかりです。


9月3日(火)

昨日梱包した荷物を業者がピックアップ後に、最後の買い付けに平日開催の蚤の市へ。

もう荷物を送ったあとなので、移動に支障のない程度の量を買い付けるつもりでしたが、
いろいろと見つけてしまい、結局ベルギーの移動の際に結構な量になってしまいました。


9月4日(水)

本日はベルギーへ移動です。
午後の列車だったので、その前に朝一で CHASSE DE LA NATURE(狩猟博物館)へ。

実は5.6年前にも一度訪れてもう一度と思っていましたが、今までうまく時間が取れずにいたので、念願のって感じです。

マレ地区にある大きな館が美術館となっており、その名の通り、狩猟に関するあらゆる資料が納められており、
狩猟の対象となる、鳥やイノシシ/鹿などの動物達の剥製の他、什器や罠等の仕掛け、そして
動物がモチーフの絵画や彫刻が、鳥/鹿/キツネ/等の各セクションごとに展示されています。

d0225812_1710487.jpg

入り口の吹き抜けに下がるシャンデリアがとっても素敵です。

d0225812_1716734.jpg

圧巻のトロフィー群。

d0225812_17232857.jpg

キツネちゃんはイスでお昼寝中です。

しかし、この美術館が面白いのは、現代の作家の作品も一緒に展示しているという点。

Jan Fabre/Janine Janet/Jeff Koonsなど蒼々たるアーティストの作品が、古い絵画や彫刻と並べられています。




d0225812_17274845.jpg

Jan Fabre LA NUIT DE DIANE(2006)



d0225812_1730719.jpg

Janine Janet DIEU DE LA FORÈT(1957)
実はこれをもう一度観たかったのです!
何度観ても美しく、ドラマティックで素敵です。


d0225812_17331350.jpg

Jeff Koons PUPPIE(1998)
レディーガガのアルバムアートワークで話題になってますね、、、

また、展示品には様々な仕掛けもありますので、子供達にも大人気のこの博物館。
1時間もあれば見てまわれる程度のボリュームですので、疲れることもありません。

ORLANDOお勧めの博物館です。

おまけ

d0225812_17555148.jpg

d0225812_1822874.jpg


博物館のオリジナルのカタログの写真の撮り方と仕様も素敵でお勧めです。

カタログ 10€


Musèe de la Chasse et de la Nature
62, rue des Archives 750003 Paris

入場料 8€
11時〜18時
月曜日休館


続く



〈INFO〉
ブログに掲載したお品のディテールの詳細は、週末の出店明けの月曜日に
ORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。
尚、プライバシー保護のため返信の為のアドレスやお名前を記載される場合は“非公開コメント”に 
チェックしていただき投稿をお願いします。
折り返しご連絡させていただきます。

どうぞ宜しくお願い致します。

by orlando76 | 2013-11-16 10:00 | 雑記 | Comments(0)
2013年 11月 15日

買付旅行記 2013秋 続き パリ市内の蚤の市

出店情報

11月16日(土) Kottou-Douri Weekly Street Market

11月17日(日) 大江戸骨董市
※2013年12月〜翌年3月まで、会場の改修工事によりお休みとなりますので、その前の最後の市となります。

皆様のご来場お待ちしております。
....................................................................................................

買付旅行記 2013秋 続き パリ市内の蚤の市

9月1日(日)

本日も早朝より蚤の市へ出勤。

週末のパリは、有名なクリニャンクールやヴァンヴの他、多い時は大小5〜6カ所程の不定期の市があちこちにたちます。

本日はそのうちの4カ所へ行く事に。
先ずは、19区のSACRETAN通りと20区のPERE LACHAISE墓地付近の市へ。

SACRETANの方は大して大きくはなかったものの、大当たり。

探していたデッドストックのパーツ類を大量に持っているディーラーを発見する事ができました。

d0225812_16114225.jpg

ホームページのこちらで紹介しています。

しかも初めて見るRevolution(革命)モチーフの物ばかり!
小さな市でも何があるかわからないのが蚤の市の醍醐味でもあります。

続いてのPERE LACAHAISEはどちらかと言うと高級な物が中心の市だったので、殆ど買わずにスルーして、
ベタではありますが、モントルイユとクリニャンクールの市に。

モントルイユは前職で一度だけ来た事があり、多分10年ぶり位。

骨董市というよりは、生活雑貨や食材が多かった印象があったので、独立してからはリストに加えた事がなかったのですが、
今回お世話になっている宿の主が実は骨董好きで、贔屓にしているディーラーがいるという事で、会場奥にあるというそのブースへまっしぐら。

量は対した事なかったものの、銀食器と素敵な編み模様の籠、そしてナポレオンⅢ世時代の貴重なアイテムを信じられないお値段でゲットしする
ことができました。
ヒット率が少ないので、メインにするには?ですが、時間が空いてたら覗くのもいいかもしれません。

そして最後にクリニャンクールへ。

誰もが知っているクリニャンクールは面白くないので、ここでもまた宿の主お勧めの外れの方にあるちょっと物騒なエリアへ行きましたが、
残念ながらここでは何一つ買う事ができませんでした。

早朝から動いてて、さんざん見て廻って最後の場所だったので、疲れていたのかもしれません。

買い付け中は、頭も体もフル回転ですので、いつもの何倍も疲れるのです。

d0225812_16313710.jpg


しかし、そんな疲れも美しいパリの夕日を見ると吹っ飛んでしまうものです。

続く





〈INFO〉
ブログに掲載したお品のディテールの詳細は、週末の出店明けの月曜日に
ORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。
尚、プライバシー保護のため返信の為のアドレスやお名前を記載される場合は“非公開コメント”に 
チェックしていただき投稿をお願いします。
折り返しご連絡させていただきます。

どうぞ宜しくお願い致します。

by orlando76 | 2013-11-15 16:37 | 雑記 | Comments(0)
2013年 11月 15日

Cheval et le renard

出店情報

11月16日(土) Kottou-Douri Weekly Street Market

11月17日(日) 大江戸骨董市
※2013年12月〜翌年3月まで、会場の改修工事によりお休みとなりますので、その前の最後の市となります。

皆様のご来場お待ちしております。
....................................................................................................

明日は青山での骨董市に参加です。
ここ数日めっきり寒くなりましたが、明日は雨は降らなさそうなので、それだけでもなんとかです。

本日は今週初めての(もう週末になってしまいましたが)アイテムの紹介です。

d0225812_11461137.jpg

d0225812_11472941.jpg

d0225812_11594032.jpg


d0225812_1257320.jpg

d0225812_12583361.jpg

d0225812_1259434.jpg

d0225812_13604.jpg


上の黒バックの方はキツネの灰皿。
裏面にJOURAL LE PETIT CHAMPENOISEと書かれており、シャンパーニュ地方の新聞のノベルティ
とかではなかったのかと思われます。

鉄に琺瑯びきですが、どうやってこうなったのかわかりませんが琺瑯部が変質してまして、
霜が降りた様な不思議な色合いになっています。
また、手触りもつるつるではなく、マットな感じになっています。

雪山をさまようキツネという感じの雰囲気です。


次の茶色の筒型の容れ物は、今回の買い付けで訪れたLILLEの蚤の市で見つけた糸入れ。

馬のマークの周りにJ.THIRIEZ PERE&FILS a LILLEとエンボスが施されており、リールに実在した
刺繍糸のメーカーの物になり、刺繍する際に糸が転がったり汚れたりするのを防ぎました。

中に未使用の刺繍糸も残っています。

馬と狐、2種類のアニマルモチーフの紹介でしたが、季節的に狐狩りを想起させますね。


キツネ FRANCE 1900年代初期
幅  10.5×10.5㎝
高さ 2㎝
¥6,090

ウマ FRANCE 1900年代初期
直径 5.5㎝
高さ 5㎝
¥6,825


〈INFO〉
ブログに掲載したお品のディテールの詳細は、週末の出店明けの月曜日に
ORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。
尚、プライバシー保護のため返信の為のアドレスやお名前を記載される場合は“非公開コメント”に 
チェックしていただき投稿をお願いします。
折り返しご連絡させていただきます。

どうぞ宜しくお願い致します。

by orlando76 | 2013-11-15 13:14 | AUTRES BIENS | Comments(0)
2013年 11月 14日

買付旅行記 2013秋 続き 欧州最大の蚤の市 後編

出店情報

11月16日(土) Kottou-Douri Weekly Street Market

11月17日(日) 大江戸骨董市
※2013年12月〜翌年3月まで、会場の改修工事によりお休みとなりますので、その前の最後の市となります。

皆様のご来場お待ちしております。
....................................................................................................

買付旅行記 2013秋 続き 欧州最大の蚤の市 後編

8月31日(土)

早朝、まだホームステイ先のご夫婦と猫達が寝静まっている中出勤。
アパートを出ると目の前の道路で近隣の住民達が蚤の市をはじめていました。

d0225812_2016375.jpg

d0225812_20291972.jpg



プロのディーラーが出店している、宿泊先の少し先の大きな公園に向かうまでの間にちょこちょこと買い付け、
公園周りでお目当ての品をある程度買い付けた後、脇道を物色。

どこの道に入ってもプロもアマも問わずに沢山出店していて、進めども進めども終わりがありません。

あまり奥に進みすぎると、元来た場所に戻れなくなるので、途中で引き返しつつ、迷子にならないように注意しながら
夕方の帰りの便に間に合うように駅に向かうのですが、駅まで向かう道もず〜っと蚤の市が続き、なかなか脚が進みません。

しかも途中で交通規制が始まり、何事かと思ったら、なんとハーフマラソンが開催されていました。

d0225812_20201394.jpg


わざわざこんな時にやらなくても、、、と思いつつ、沿道に溢れた人々に揉まれて一歩も動けない状態となり、その場で30分程マラソンを観戦。

やっと終わって移動してすぐ、今度は鼓笛隊が登場です。

d0225812_21482473.jpg


地元の有志?なのでしょうか、年に一度のお祭りを盛り上げていました。

賑やかなお祭りの喧噪を後に後ろ髪を引かれつつ、30キロの荷物とともにパリ行きの列車に飛び乗り、
リールの街をあとにしました。



続く





〈INFO〉
ブログに掲載したお品のディテールの詳細は、週末の出店明けの月曜日に
ORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。
尚、プライバシー保護のため返信の為のアドレスやお名前を記載される場合は“非公開コメント”に 
チェックしていただき投稿をお願いします。
折り返しご連絡させていただきます。

どうぞ宜しくお願い致します。

by orlando76 | 2013-11-14 21:53 | 雑記 | Comments(0)