<   2014年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2014年 10月 30日

Sant'Antonio di Padova

出店情報


11月1日(土) 青山 WEEKLY ANTIQUE MARKET 

11月2日(日) 大江戸骨董市

11月8日(土)/9日(日) 西荻骨董好きまつり

11月30日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  ARK HILLS ホームページ
Facebookページ →赤坂蚤の市 in ARK HILLS で検索して下さい。
※会場の都合により、第5日曜日の開催となります!


皆様のご来場、お待ちしております。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

昨日まではとってもいいお天気が続いていましたが、週末は少し崩れるとか。


明日は青山そして、明後日は久しぶりの大江戸骨董市です。


天気予報によると曇りとのことで、雨の心配はあるものの、免れることも。


青山は屋根付きの場所なので問題ございませんが、大江戸骨董市は前日の午後6時に開催か否かの決定がされますので、
お出かけご予定の方はサイトにてチェックして下さいませ。


良いお天気になることを願います。



本日のご紹介です。


d0225812_16332242.jpg

d0225812_16355195.jpg

d0225812_16373947.jpg

d0225812_17102631.jpg

d0225812_1734516.jpg

d0225812_17561718.jpg

d0225812_1824632.jpg

d0225812_1813476.jpg

d0225812_18114637.jpg

d0225812_18145349.jpg




Sant'Antonio di Padova FRANCE 1700年代


カトリック教会の聖人Sant'Antonio di Padovaの木像。


ポルトガルのリスボンで貴族の子として生まれた(1195~1231)パドヴァのアントニオは、カトリック教会に入会後民衆の支持を集め、生前より大変慕われていたそうです。


多くの聖人の中でも、彼を描いた画家は多く、エル・グレコ/ティツィアーノ・ヴェチェッリオ等の作品が知られている他、終焉の地となったイタリアのパドヴァには、80年の歳月をかけて作られた、亡骸を葬った聖堂であるサンタントーニオ・ド・パードヴァ聖堂が建てられており、信仰の対象として、人気のある聖人でもあります。


厳しい戒律で知られるカトリックの修道僧が日常着として着用する三角形の頭巾の付いた衣装に、聖フランシスコ・ザヴィエルでおなじみの、
トンスーラと呼ばれる頭頂部を剃り落とした髪型をしております。


フランスで買い付けしましたが、信仰の厚いポルトガルやイタリアで作られたものかもしれません。


やや荒削りな印象の作りで、卓越した職人のものではなく、市井の民の手によるものと推測されます。


フランスではこれらを民衆芸術=アールポピュレー(ART POPULAIRE)と呼び、高く評価されているジャンルのひとつでもあります。
※ORLADNOのホームページ上にART POPULAIREのカテゴリーがございますが、こちらのアイテムはSAINTとなります。


余談ではございますが、パドヴァのアントニオを守護聖人として祀る国にブラジルがあり、個人的にも縁を感じて買い付けてまいりました。
(私はブラジル生まれの日経2世です)


※右手部に穴が開いており、当初は腕がついていたものと思われますが、現在は失われております。
また、足元に欠けがございますが、問題なく直立いたします。



ディテール

横幅  約4.5㎝
奥行き 約2.5㎝
高さ 12㎝

¥27,000



〈INFO〉
ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。
        

by orlando76 | 2014-10-30 15:04 | SAINTS  | Comments(0)
2014年 10月 28日

Croissant et Marianne

出店情報


11月1日(土) 青山 WEEKLY ANTIQUE MARKET 

11月2日(日) 大江戸骨董市

11月8日(土)/9日(日) 西荻骨董好きまつり

11月30日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  ARK HILLS ホームページ
Facebookページ →赤坂蚤の市 in ARK HILLS で検索して下さい。
※会場の都合により、第5日曜日の開催となります!


皆様のご来場、お待ちしております。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


週末に開催された、第7回赤坂蚤の市inARK HILLSへご来場いただいた皆様、ありがとうございました。


d0225812_16593245.jpg

d0225812_1733251.jpg

d0225812_17342691.jpg

d0225812_17403629.jpg

d0225812_17411776.jpg

d0225812_17421619.jpg

d0225812_17425285.jpg

d0225812_17432557.jpg




今回は、有楽町での大江戸骨董市も同時に開催されていたこともあり、行き来して頂いたお客様も多数いて、
アンティーク好きには楽しい一日となったようです。


今月と来月はイベントが目白押しとなっていて、私はというと、久々に西荻骨董好きまつり(なんと今回で30回目の開催!)に参戦いたします。


また、次回の赤坂蚤の市は、会場の都合により、第5日曜日の30日(日)に開催となりますので、お間違いなく。


本日のご紹介です。


d0225812_17441292.jpg

d0225812_17444729.jpg

d0225812_17495018.jpg

d0225812_17515177.jpg

d0225812_17522927.jpg

d0225812_17531668.jpg



三日月とマリアンヌのブローチ


マリアンヌ(MARIANNE)は、自由の女神として知られるフランスを擬人化した象徴。


サンキュロットと呼ばれる市井の人々が被っていたフリジア帽を被っております。


フランス、ロマン主義の作家ウジェーヌ・ドラクロワの代表作"民衆を率いる自由の女神"でアレゴリーとして描かれた彼女の姿を知る人も多いでしょう。


こちらのブローチは、本来はメダルであったものを糸鋸で切り出してブローチに再加工したものとなります。


三日月の部分はマットなゴールド、マリアンヌの顔はシルバー、髪は黒っぽいシルバー、フリジア帽は艶のあるゴールドで
それぞれ異なるメッキ加工がされており、フリジア帽に関しては金メッキが施されているようです。


ピンが付いている側には、月桂樹のリースとフリジア帽、握手する手が描かれております。


秋から冬は夜空が美しい季節。


月を眺めたり、澄み切った夜空に瞬く星々を観察することができます。


その中でもひときわ輝く星を抱くオリオンは、ギリシャ神話の月の女神アルテミスが、
策略により恋人であるオリオンをそれとは知らず殺してしまい、
嘆き悲しむ娘を慰めるために、父ゼウスが天にあげて星にしてそうです。


夜空に輝く月と星は、恋人たちの物語を伝えているのです。



ディテール

直径 2.7㎝

¥8.400



〈INFO〉
ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2014-10-28 18:04 | AUTRES BIENS | Comments(0)
2014年 10月 23日

Moule en métal de monogramme

出店情報



10月25日(土) 青山 WEEKLY ANTIQUE MARKET 

10月26日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  ARK HILLS ホームページ
Facebookページ →赤坂蚤の市 in ARK HILLS で検索して下さい。


皆様のご来場、お待ちしております。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ここ数日で、急に寒くなりましたね。


皆様くれぐれも体調を崩されないように、ご自愛くださいませ。


今日もすっきりとしないお天気ではありますが、週末は晴れとの予報で、青山、赤坂共に楽しみにしております。


それでは、本日のご紹介です。

d0225812_13263382.jpg

d0225812_1331374.jpg

d0225812_13333566.jpg

d0225812_1327346.jpg

d0225812_13363260.jpg

d0225812_13372690.jpg



Moule en métal de monogramme FRANCE 1800年代後期


メタル製のモノグラム型。


金属のプレートにモノグラムを刻む型で、U.V.R.Sの4文字が美しく配置されております。


ずっしりと重く、本体は290gありますので、ペーパーウェイトとしても使えます。


単なる四角柱のフォルムではなく、面取りされて8角形の形となっていますので、オブジェとしても
飾っていただいても。


シンプルな指輪やピアスの飾り台としての使い方もよいでしょう。



ディテール

底部 3.2×3.6㎝
上部 3.2×3.2 ㎝

¥4.860



〈INFO〉
ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2014-10-23 13:45 | AUTRES BIENS | Comments(0)
2014年 10月 21日

Notes pour les étudiants en médecine

出店情報



10月25日(土) 青山 WEEKLY ANTIQUE MARKET 

10月26日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  ARK HILLS ホームページ
Facebookページ →赤坂蚤の市 in ARK HILLS で検索して下さい。


皆様のご来場、お待ちしております。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


しとしと小雨降る火曜日。


今週末は第7回赤坂蚤の市inARK HILLSです。


天気予報によると、今日明日はすっきりしないお天気だそうですが、週末は先週のようにまた晴れて気持ちが良いお天気となりそうです。


土曜日の青山と日曜日の赤坂にてお待ちしております。


さて、本日のご紹介です。


d0225812_1464672.jpg

d0225812_147469.jpg

d0225812_1491972.jpg

d0225812_1495943.jpg

d0225812_1411375.jpg

d0225812_14132663.jpg

d0225812_14151948.jpg

d0225812_14171394.jpg

d0225812_14193477.jpg

d0225812_14203148.jpg

d0225812_14211267.jpg

d0225812_14221924.jpg





Notes pour les étudiants en médecine FRANCE 1911年


医学生が書いたノート。


呼吸器に関することなどが中心に描かれており、教科書を写したものと思われますが、
時々登場するイラストのタッチがインクで描かれた線に色鉛筆で着色していることもあり、
臓器などがあまりグロテスクではなく、ユーモラスで暖かい印象がするところに面白みを感じます。


表紙には、これを書いた作者と思われるROGER VALETさんの名前やタイトルが、元から印刷されていた
ノートの題字に組み込まれるようにデザインされているのも、凝ってて良いです。


因みにこちらのノートは第3巻と書かれているのですが1、2巻はございません。


そして、ノートの右上には続きのページ番号が振られており、283ページからスタートし、410ページま書かれており、
最後の方の413ページから422ページまで(多分空白だった)はメモ紙に使われたのか切り取られております。


その後、ROGERさんがどうなったかは知る由もございませんが、もしかしたら100年後の現在の医学の進歩に
大きく影響を与えたりしたのかもしれないなどと、いろいろ想像してしまいます。


ディテール

17×22㎝

¥6,480



〈INFO〉
ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2014-10-21 14:46 | LIVREetPAPIE | Comments(0)
2014年 10月 17日

Cadre photo en bois durci PANIER FLEURI

出店情報



10月18日(土) 青山 WEEKLY ANTIQUE MARKET 

10月26日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  ARK HILLS ホームページ
Facebookページ →赤坂蚤の市 in ARK HILLS で検索して下さい。


皆様のご来場、お待ちしております。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


明日は国連大学前の広場にて開催の“青山 WEEKLY ANTIQUE MARKET ”です。


今週末のお天気は問題ないようで、きっと秋晴れの気持ちのよい週末となりそうです。


青山のマーケットは、元々こちらで長く開催しているFarmer's Marketさんと一緒に開催しておりますが、
実は、毎週こちらのFarmer's Marketさんで季節の果物や野菜、それらを使った加工食品であるパンや
ジャムなどを買うのも密かな楽しみなのです。


先日はずっと気になっていたペルーの穀物キヌアを買いました。


d0225812_15204471.jpg



キヌアは芥子の実のように小さな粒ですが、栄養価が高く、特に必須アミノ酸が豊富だそう。


私も南米ブラジルの出身ですが、ペルー以外ではあまり食されていないようで、母親も食べた記憶はないとか。


以前観たペルーの映画“悲しみのミルク”で、主人公の少女が涙ながらに歌うその歌詞の中に、キヌアが出てきて、それが気になって、、、ついに手に入れた訳です。


念願かなって、毎日玄米と一緒に炊いて頂いております。



それでは、本日のご紹介です。

d0225812_15283184.jpg

d0225812_165314.jpg

d0225812_1672745.jpg

d0225812_16355290.jpg

d0225812_19451749.jpg

d0225812_1984750.jpg

d0225812_191313100.jpg

d0225812_1920274.jpg

d0225812_2033280.jpg

d0225812_1925356.jpg

d0225812_19425920.jpg

d0225812_1944536.jpg



Cadre photo en bois durci PANIER FLEURI  FRANCE 1800年代中期


BOIS DURUCIのフォトフレーム。


天然の樹液と雄牛の血を混ぜて、高温高圧にて圧縮成形したBOIS DURUCIのフレームは、
当時の富裕層の間で流行した新時代の記憶装置である写真の普及とともに、それらを飾る最良のアイテムとして、
趣向を凝らしたデザインと美しいディテールで作られました。


当時の最先端の様式であるナポレオンⅢ世スタイルの豪華で優雅な意匠をふんだんに盛り込み、
細かな部分にも妥協を許さぬ計算され尽くしたその姿は、どの角度から観ても溜息が漏れる程の出来映えです。


両サイドのコラムは古代ギリシャやローマのディテールにアラベスクをまとい、トップにはダイナミックな
ブリッジが中央のオーナメントへと繋がり、こぼれ落ちるエキゾチックな果物がフレームを取り囲んでおります。


また、左右対称に作られておりますが、この果物のディテールに限っては左右で違うものとなっている点は、
作者の遊び心なのか大変魅力的に感じます。


美しいデザインである事もさることながら、当時のオリジナルのドーム状に盛り上がっているガラス板が現存し、
裏蓋、立てかける為のスタンド、壁掛け用のリングが全て問題なく機能することにも驚きにあたいします。


フレーム本体に数カ所、150年の時を過ごす間に出来た小さな傷や金属製である裏蓋の一部に錆が出ている箇所もございますが、
それらを考慮してもこれほどまでに良い状態で残されている物は稀で、希少性の高い逸品です。



ディテール

フレーム
幅  18.5×28.5㎝
厚み 2㎝

窓部
幅 9.3×13㎝

¥59,400(税込)




〈INFO〉
ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2014-10-17 20:13 | Comments(0)
2014年 10月 16日

Bol de barbotine

出店情報



10月18日(土) 青山 WEEKLY ANTIQUE MARKET 

10月26日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  ARK HILLS ホームページ
Facebookページ →赤坂蚤の市 in ARK HILLS で検索して下さい。


皆様のご来場、お待ちしております。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今朝は随分と冷え込んだようですが、日中は日差しが暖かく、穏やかな秋晴れとなりました。


これからどんどん寒くなると思うと、寒いのが苦手な私にとっては辛い季節になりますが、
この季節ならではの美しい景色を見たり、冬物のお気に入りの服やストール等が活躍する機会が増え、
楽しめる要素もあるという事で自分を納得させています。


本日のご紹介です。

d0225812_16365669.jpg

d0225812_1639714.jpg

d0225812_1744512.jpg

d0225812_17103788.jpg

d0225812_17151220.jpg

d0225812_17192751.jpg

d0225812_17273433.jpg

d0225812_17291859.jpg

d0225812_17382788.jpg

d0225812_17423750.jpg

d0225812_17564312.jpg

d0225812_1864866.jpg

d0225812_18311681.jpg

d0225812_18343529.jpg

d0225812_1835213.jpg



Bol de barbotine FRANCE 1800年代後期



アールヌーヴォー期に花開いたBARBOTINE(バルボティンヌ)と呼ばれる陶器のボウル。


マジョリカ焼きを起源とする、流し込み製法による型取りで細かなディテールまで美しく表現されたこちらの陶器は、
19世紀の知的な富裕層の間で好まれたアンソリット(風変わりだけど趣味が良い)なる美意識の元で
一世を風靡しました。


時代の徒花とも称されるBARBOTINNEは、その繊細さの代償としてパーフェクトな状態で現存する物が少ないものでもございます。


バスケットに見立てた本体の内側には、ブルーのリボンで束ねられた花束が散りばめられ、
波形のリムにもブルーとグレーの縁取りが施されております。


また、器胎の外側部には花束と昆虫があしらわれており、どの角度から見ても楽しめる趣向となっております。


昆虫は敢えて蝶などの可愛らしいものではなく、蛾をチョイスする当たりは作者の遊び心が反映されており、より一層魅力的に思えます。


そして、高台の内側にはダリアの様な花の型押しが施され、隅々まで作者の知的な遊びが盛り込まれた
手の込んだ一品です。


観賞用としてはもちろん、果物や野菜の盛り籠として、キッチンに彩りを添えてもよいでしょう。


軟陶故の100年以上の時のなかで縁や表面のレリーフの凸部に僅かな欠けや削げ、色剥げ及び高台部に
小さなニュウ等がございますが、大きな損傷はなく、保存状態はかなり良い方と言えます。


ディテール

幅  23.5㎝
高さ 8㎝

¥17,280


〈INFO〉
ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2014-10-16 18:47 | ARTetART POPULAIRE | Comments(0)
2014年 10月 14日

JE CROIS EN DIEU

出店情報



10月18日(土) 青山 WEEKLY ANTIQUE MARKET 

10月26日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  ARK HILLS ホームページ
Facebookページ →赤坂蚤の市 in ARK HILLS で検索して下さい。


皆様のご来場、お待ちしております。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

先週末は、アンティークフェアin新宿にご来場頂いた皆様、ありがとうございました。


台風もぎりぎり会期中には影響がなく、無事に終える事ができました。


次回は来年の5月に開催となります。


台風一過の本日はこちらのご紹介です。

d0225812_14492871.jpg

d0225812_14542185.jpg

d0225812_14561944.jpg

d0225812_14565562.jpg

d0225812_15123366.jpg

d0225812_15131977.jpg

d0225812_15184666.jpg

d0225812_1523658.jpg

d0225812_1524112.jpg



JE CROIS EN DIEU FRANCE 1800年代中期


寄り添う2人の天使のオブジェ。


穏やかな表情の2人の天使が、JE CROIS EN DIEU(私は神を信じる)というリボンを携えております。


向かって右側の天使は右手にクロスを持ち高く掲げ、左側の天使は胸元に茨の冠を抱いております。


指の先程の小さなお顔は、それぞれしっかりと彫刻され、かすかに空いた口元は語りかける様なリアルさです。


拡がる羽根の一つ一つやうねる髪の毛、流れる衣壁のディテールも見事。


オリジナルのフレームと当時の空気までも閉じ込めたガラスドームに守られ、欠けやヒビなどの破損は一切ないパーフェクトな状態です。
※右の天使の羽根の下部に小さなシミの様なものがみられますが、正面からは隠れて見えません。


これほどまでに素晴らしい状態で残っている物は稀で、希少性の高い一品でございます。




ディテール

フレーム
幅  20.5×25.5㎝
厚み 約3㎝

彫刻本体
幅 7.5㎝×10㎝

¥54,000


〈INFO〉
ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2014-10-14 15:26 | Comments(0)
2014年 10月 08日

Planche à découper boucher

出店情報


10月10(金)~12(日) アンティークフェアin新宿


10月18日(土) 青山 WEEKLY ANTIQUE MARKET 

10月26日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  ARK HILLS ホームページ
Facebookページ →赤坂蚤の市 in ARK HILLS で検索して下さい。


皆様のご来場、お待ちしております。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

先週末は、台風の影響で大江戸骨董市がお休みとなり残念ではございましたが、その分、金曜日より始まる恒例の
アンティークフェアin新宿の準備にあてる事ができました。


明日搬入となり、明後日金曜日の11:00よりハイアット・リージェンシー東京にて開催です。


今回は、先日の買付分の殆どをお持ちする予定です。


本日はその中からこちらのアイテムのご紹介です。

d0225812_19214734.jpg

d0225812_19224982.jpg

d0225812_19283463.jpg

d0225812_19314062.jpg

d0225812_19321866.jpg

d0225812_1933125.jpg

d0225812_19353688.jpg

d0225812_19444770.jpg



Planche à découper boucher FRANCE 1900年代初期〜中期


肉屋で使われていたまな板。


表裏とも、長い期間使われて出来た幾つもの傷がついており、歴史を物語っています。


そして、使用されなくなってから保管されている間に、更に虫喰いの穴も無数にでき、何とも言えない
凄みのある表情となっています。


人の手と自然の力によりできた唯一無二のその姿に、じっと見入ってしまいます。


シンプルな形状でありながらも、バランスがよく、大きすぎず小さすぎないため飾りやすく、ディスプレイとしての存在感もございます。


中央の縦のラインに表裏ともに亀裂が入っておりますが、完全に貫通はしておりませんので、強い衝撃を
与える事がなければ割れるおそれはなさそうです。


ディテール

幅  25×47㎝
厚み 2.8㎝

¥12,960


〈INFO〉
ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2014-10-08 19:47 | VAISSELLE  | Comments(0)
2014年 10月 03日

Jouet requin

出店情報


10月04日(土) 青山 WEEKLY ANTIQUE MARKET 


10月05日(日) 大江戸骨董市
※天候不順の為中止となりました。


10月10(金)~12(日) アンティークフェアin新宿


10月26日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  ARK HILLS ホームページ
Facebookページ →赤坂蚤の市 in ARK HILLS で検索して下さい。


皆様のご来場、お待ちしております。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


本日の最高気温は30度とか。
いきなり夏に戻った様なお天気です。


明日も気持ちのよいお天気になりそうですが、明後日は今のところ雨の予報です。


大江戸骨董市の開催が中止となる事もございますので、お出かけのご予定の方は、明日の18時以降に
大江戸骨董市のサイトをご確認下さいませ。


本日のご紹介です。


d0225812_12583151.jpg

d0225812_1311915.jpg

d0225812_1332016.jpg

d0225812_13165466.jpg

d0225812_13461163.jpg

d0225812_13475452.jpg

d0225812_1351386.jpg



Jouet requin FRANCE 1900年代初期


木とブリキ板で出来たサメのオモチャ


木製の胴体にブリキのヒレをはめ込んでいます。


多分個人の手作りと思われる、いい意味での雑さ加減が魅力で、ユーモラスなルックスに
ホッとするような優しさがあります。


ヒレのブリキ板の剥げた塗装部より、アルファベットの文字が覗いておりますので、空き缶を再利用し、
子供の為にお父さんが一生懸命作ったのかしら、、、なんて想像してしまいます。


ディテール

幅  6×17.5㎝
高さ 4㎝

¥8,640


〈INFO〉
ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2014-10-03 13:52 | ARTetART POPULAIRE | Comments(0)