<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2015年 01月 23日

買い付け旅行記 2014 NOVEMBER 3

⚪︎出店情報


1月24日(土) 青山 WEEKLY ANTIQUE MARKET 


1月25日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  ARK HILLS ホームページ
Facebookページ →赤坂蚤の市 in ARK HILLS で検索して下さい。


2月14日(土)〜19(木) 渋谷萬國蚤の市 in Bunkamura @渋谷東急Bunkamura


皆様のご来場、お待ちしております。


⚪︎買い付けに伴う通販業務のお休みについて

1月27日(火)〜2月10日(火)の期間中はフランス/ベルギーへ買い付けとなりますので、期間中の通販業務はお休みさせていただきます。
ご注文いただいた分に関しては、帰国後の2月11日(水)以降にご連絡させていただきますので、ご了承くださいませ。

どうぞ宜しくお願い致します。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今日は晴れて良いお天気ですね。


週末も問題ないようですので、明日の青山/赤坂のイベントにお時間ござましたら是非!


本日は買い付け旅行記の続きです。


11月24日(月)

本日は平日開催の市はお休みなので、週末に買い付けたアイテムの手入れと梱包後、市内へと観光へ。


梱包に必要なアイテムをVHB(ヴェーアッシュベー/東急ハンズのようなデパート)で買ったり、北マレの
新しくオープンしたお店などを散策。

d0225812_14133370.jpg


前回来た時も気になっていた、ストリートアーティストの作品。


一体どれくらいあるのかわかりませんが、このアーティストの作品(個性的なので一目でわかります)は
歩いているといたるところで見つけることができます。


これは宿泊先の20区の路地裏で見つけたもの。


d0225812_14173531.jpg



どこだったか忘れましたがこんなのも。

d0225812_14232275.jpg



直接描かれているのではなく、紙に描いたものを貼り付けています。


同業者で、下北沢で店舗を構えている"piika"さんからの情報によると、フレッド・ル・シュヴァリエというアーティストさんの作品のよう。


ストリートは僕のギャラリーと言っているとか!。


そう、パリのストリートは他にもいろんなアンダーグラウンドなアーティストたちの作品が点在していて、予期せぬそれらとの出会いもまたパリ散策の楽しみのひとつです。




11月26日(水)

午前中に市内の蚤の市にて少量の買い付け後、マレ地区にあるピカソ美術館へ。


2009年から始まった改装工事によって、一度も訪れることができませんでしたが、なんと5年かけて(当初は2011年完成が、伸びに伸びてやっと、、、W)
収蔵点数も面積も以前の2倍(点数は5000点!)になり、待ち焦がれたパリジャンたちが連日長蛇の列を作っているとの前評判通り、
開館の1時間前に行ったものの、すでに2〜300人が開場待ちで並んでおりました。

d0225812_14344865.jpg


まだ耐えられる寒さだったので、持って行った本を読みながらの開場待ちも苦ではありませんでしたが、真冬や真夏だときっと辛かった事でしょう。


ですが、この仕事を始めてから毎回工事の延期によりオープンを待ち焦がれていたので、期待は膨らむ一方でした。


d0225812_14382071.jpg

d0225812_14535123.jpg

d0225812_15204034.jpg

d0225812_15212845.jpg



改装前の状態を知らないので比べることはできませんが、各テーマごとや趣向を凝らした展示はとても見やすく、気持ち良く鑑賞できました。
(人が多いので、ゆっくりじっくりとはいきませんが、、、)


また、展示作品にはピカソ自身がコレクションしていたモディリアーニやルソー、バルテュスなどの作品もあり、門外不出(貸し出しはしない)という
これらの作品もまた見所のひとつです。


d0225812_1529983.jpg

d0225812_15223016.jpg



誰もが知っているピカソですが、新鮮な発見が期待できることでしょう。


続く

by orlando76 | 2015-01-23 15:29 | 雑記 | Comments(2)
2015年 01月 22日

買い付け旅行記 2014 NOVEMBER 2

⚪︎出店情報


1月24日(土) 青山 WEEKLY ANTIQUE MARKET 


1月25日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  ARK HILLS ホームページ
Facebookページ →赤坂蚤の市 in ARK HILLS で検索して下さい。


2月14日(土)〜19(木) 渋谷萬國蚤の市 in Bunkamura @渋谷東急Bunkamura


皆様のご来場、お待ちしております。


⚪︎買い付けに伴う通販業務のお休みについて

1月27日(火)〜2月10日(火)の期間中はフランス/ベルギーへ買い付けとなりますので、期間中の通販業務はお休みさせていただきます。
ご注文いただいた分に関しては、帰国後の2月11日(水)以降にご連絡させていただきますので、ご了承くださいませ。

どうぞ宜しくお願い致します。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


本日は買い付け旅行記の続きです。


11月22日(土)

午前中にお約束のVANVESの蚤の市へ。

d0225812_17393655.jpg


ここは、クリニャンクールの蚤の市と並び、パリ市内で開催の有名な市としてガイドブックにも載っていることもあり、
旅行者が多く、その分お値段もお高めということもありますが、やはりPARISにしかないものがあるのです。


東京が日本のいち都市ではなく、東京という別世界のように、ここPARISも芸術の都として育まれた歴史の中で、
アーティスティックで洗練されたものたちが、人と同じように惹きつけられて、集まってくるわけです。


ここではたくさん買おうという気にはなれません。


私を呼ぶ声が聞こえた時にそれを買い求める、そんな感じなのです。


今回は、心を揺り動かされたある詩が書かれている紙ものとの出会いがあり、いつか書かれたその詩の内容が判明した時に、
皆様へご紹介したいと思います。


売りたくないというのではなく、まず知りたいそんな興味から、時々このような出会いがあるのも蚤の市の醍醐味のひとつであります。


VANVESを後にして、ちょうど1年前にも行った、9区の教会での蚤の市へ。


d0225812_17491668.jpg



ここでは昨年もあまり買えるものがなかったのですが、教会の中庭では教区の信者の方々の手作りによるパイや飲み物を売る
物販のブースが出ており、子供達が遊んでいたりと、とてもアットホームな雰囲気に癒されました。


この輪の中に入って、ただボーッとしているだけで、なんだか馴染んでしまえる、そんな優しい空気が大好きなのです。


11月23日(日)


本日は超早起きをし、パリ在住のディーラーに車で郊外の蚤の市へ。

d0225812_17563248.jpg



早朝のピンと張り詰めた空気の中、延々と続く道を朝焼けを眺めながらのプチドライブ。



パリから南下することおよそ1時間、巨大なショッピングモールの駐車場での開催の市です。


d0225812_17592667.jpg



この後、2件の蚤の市をはしごしながらパリへ。


収穫はというと、やはりパリ市内ほどパワーのあるアイテムは少ないのですが、楽しく買えるそんなアイテムと出会うことができました。


d0225812_181838.jpg

d0225812_1845447.jpg

d0225812_18131128.jpg



しかし、パリから少し離れると、こんなに美しい景色が見られるのならば、郊外に足を延ばすのも一見の価値があるかもしれません。


続く
 

by orlando76 | 2015-01-22 18:07 | 雑記 | Comments(0)
2015年 01月 21日

買い付け旅行記 2014 NOVEMBER 1

⚪︎出店情報


1月24日(土) 青山 WEEKLY ANTIQUE MARKET 


1月25日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  ARK HILLS ホームページ
Facebookページ →赤坂蚤の市 in ARK HILLS で検索して下さい。


2月14日(土)〜19(木) 渋谷萬國蚤の市 in Bunkamura @渋谷東急Bunkamura


皆様のご来場、お待ちしております。


⚪︎買い付けに伴う通販業務のお休みについて

1月27日(火)〜2月10日(火)の期間中はフランス/ベルギーへ買い付けとなりますので、期間中の通販業務はお休みさせていただきます。
ご注文いただいた分に関しては、帰国後の2月11日(水)以降にご連絡させていただきますので、ご了承くださいませ。

どうぞ宜しくお願い致します。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


本日は買い付けのお知らせと、前回(もう2ヶ月もたってしまいましたが、、、)の買い付け旅行記をアップ致します。


1月27日(火)〜2月10日(火)にかけて、ベルギーとフランスに買い付けに行ってまいります。


今回は約1年半振りのベルギー行きとなりますので、とても楽しみです。


期間中は通信販売の業務をお休みさせていただきますので、ご了承くださいませ。


それでは、本日より数回に分けて、買い付け旅行記をアップ致します。


お付き合いの程、よろしくお願いいたします。


11月20日(木)

いつものエールフランスで成田空港よりパリへ。


今回のお供は、遠洋航海中のMatthieuに変わって、弟のMimileが同行です。

d0225812_17515187.jpg



弟のMimile君も、兄のMatthieu同様に恥ずかしがりななので、今回も後ろ姿をパチリ。


パリは小雨交じりのお天気でしたが、意外と寒くなく、出発地の東京の方が寒いくらい。


CDGからは便利なロワシーバスを使って、終点のOPERAまで。

d0225812_17575842.jpg


お馴染みのオペラ座正面を飾るCarpeauxの代表作のダンサーたちにただいまの挨拶を。


彼らに会うと、パリに帰ってきたと感じ、またこうして会えたことに感謝できるのです。




11月21日(金)

金曜日の本日はパリ市内の平日開催の蚤の市へ。

d0225812_183778.jpg



小さなアイテムを幾つか買うことができ、そこそこ満足できました。


午後からは、オープンして間もない話題の店"BULY"を目指してサンジェルマンへ。


石鹸やハンドクリーム、インセンスなどを取り扱うBULYは、もともとその昔存在した1803年創業の"BULLY"という店
へのオマージュとして2人のパリジャンが復活させました。


大理石やアンティークの什器類を使った、クラシカルな雰囲気たっぷりの美しい内装は大変素晴らしく、ディスプレイや
気の利いたサインも必見です。

d0225812_18132679.jpg



また、クラシカルなパッケージも楽しいイラストが用いられたりと、細部に至るまでの徹底ぶりも見事です。


d0225812_18203795.jpg



公式サイトはこちら→BULY


しかし、何と言っても感動したのはスタッフの方々の対応振りでした。


お声かけから商品説明、お会計に至るまで、笑顔を絶やさずに親切丁寧に語りかける姿勢に心を打たれてしまいました。


気持ちよくお買い物ができるって、客としては最高の喜びのひとつです。


PARISへお出かけの際は是非BULYに立ち寄ってみることをお勧めいたします。


きっと私のように、虜になってしまうこと間違いありません。


続く

by orlando76 | 2015-01-21 18:23 | 雑記 | Comments(0)
2015年 01月 16日

Plat du deux Montereau

⚪︎出店情報


1月17日(土) 青山 WEEKLY ANTIQUE MARKET 


1月18日(日) 大江戸骨董市    


1月25日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  ARK HILLS ホームページ
Facebookページ →赤坂蚤の市 in ARK HILLS で検索して下さい。

皆様のご来場、お待ちしております。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


昨日の雨天から一転して、本日は良いお天気ですね。


明日と明後日は青山と有楽町での大江戸骨董市へ出店したします。


お天気の方は問題なさそうですが、寒さは厳しいようですので、お出かけの際はくれぐれも防寒対策を!


私も暖かくしてお待ちしております。



本日の御紹介です。


d0225812_13432618.jpg

d0225812_1412535.jpg

d0225812_14333.jpg

d0225812_1491326.jpg

d0225812_14104975.jpg

d0225812_14113228.jpg

d0225812_1412169.jpg

d0225812_141393.jpg

d0225812_14134845.jpg

d0225812_14144586.jpg

d0225812_14152984.jpg


d0225812_14163137.jpg

d0225812_14172543.jpg

d0225812_1418772.jpg

d0225812_14184641.jpg

d0225812_14193664.jpg

d0225812_14262697.jpg

d0225812_1420947.jpg

d0225812_14204124.jpg

d0225812_14215266.jpg


Plat du Montereau FRANCE 1800〜1840


2枚の皿の御紹介です。


Faience fineと呼ばれる薄造りの良質の陶器によるMontereau社製の飾り皿。


グリザイユと呼ばれるモノクロームでの転写プリントは、写実的でありながらも柔らかさも併せ持ち、
象牙のような色合いの器胎とよく調和しております。


12角の方は神話がモチーフで、愛の神Amour(キューピッド)を従えた若い男性が、美しい女性のハートを射止めようとする姿が描かれております。

8角形のオクトゴナルとはまた違った、より複雑な印象の形に加え、縁取りのたわわに実る葡萄の図柄、
そしてローリエの型押しが非常に美しい一枚です。


STONE COQUEREL ET LEGRO PARISのバックスタンプからCreil社と合併する前の1840年以前の物となります。


淵に壁に飾る際に出来たと思われる欠けが3箇所ございます。


また、無数のナイフ傷や擦り傷が表裏ともにございます。


丸皿の方は、Paris1区のパリ司法局(Le palais de justice de Paris)のPalais通り側の門を写しており、
左側にはSte-Chapelleの尖塔が見えます。


石畳の通りには籠を背負った女性や馬車、杖を持って歩く人、追いかけ合う犬などの人々の中に、なぜかキューピッドがいるという遊び心のある絵となっております。


縁取りはブナ科などの果実であるドングリがぐるりと取り囲んでおります。


擦れており正確に読み取れませんが、バックスタンプからCreil社と合併する前の1840年以前の物となります。


目立つ大きな欠けなどはございませんが、シミや小さな削げ、表裏に無数の擦り傷がございます。



ディテール

12角皿
直径 21.5㎝
高さ 2㎝
¥10,800

丸皿
直径 24.5㎝
高さ 2㎝
¥10,800


〈INFO〉
ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2015-01-16 14:30 | VAISSELLE  | Comments(0)
2015年 01月 14日

Cuillère et un bol

⚪︎出店情報


1月17日(土) 青山 WEEKLY ANTIQUE MARKET 


1月18日(日) 大江戸骨董市    


1月25日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  ARK HILLS ホームページ
Facebookページ →赤坂蚤の市 in ARK HILLS で検索して下さい。

皆様のご来場、お待ちしております。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


お久しぶりのブログです。


4日より9日間続いた出店も、月曜日の大江戸骨董市in代々木公園にてひと段落致しました。


森岡書店蚤の市/骨董ジャンボリー/大江戸骨董市へご来場いただいた皆様、ありがとうございました。


森岡書店蚤の市では、いつもと違った空間での展示で、刺激的な毎日を過ごすことができました。


関係者並びに一緒に出店された皆様、お疲れさまでした。
そして、ありがとうございました。



それでは久々に本日の御紹介です。


d0225812_11542511.jpg

d0225812_11553169.jpg

d0225812_11562924.jpg

d0225812_11573175.jpg

d0225812_1159259.jpg

d0225812_11595343.jpg


d0225812_1204395.jpg

d0225812_1223271.jpg

d0225812_1265497.jpg

d0225812_12104093.jpg

d0225812_1219819.jpg

d0225812_1226798.jpg



Cuillère et un bol FRANCE


小さなスプーンとカフェオレボウルの御紹介です。


骨でできたスリムで小さなカップのスプーンは、主にマスタードやキャビアなどを掬う為に使われており、
1800年代後期〜1900年代初期のものと思われます。


小さいながらも大変丁寧に作られており、持ち手の裏側は微妙にピラミッド状に盛り上がった形状や、
バランスの良いフォルムはとても美しい仕上がりです。


経年の変化によりカップ部にラインができておりますが、全体の雰囲気を損なうほどではございません。


ディテール

幅 2㎝×11㎝
¥5,400



小さなカフェオレボウルはままごとように作られたもの。


したがって、食器としての使用感は殆どなく大変良い状態です。


バックスタンプから、1700年代初期に創業したSt Amand(サンアマン)社の1900年代初期のものとなります。


底部及び縁に焼成時にできた窯キズ、また器胎に僅かな擦り傷が見られるますが、殆ど気にならない程度となります。


ディテール

直径 8.7㎝
高さ 5.5㎝

¥5,400



〈INFO〉
ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2015-01-14 13:12 | VAISSELLE  | Comments(0)
2015年 01月 05日

森岡書店蚤の市

⚪︎出店情報    


1月5日(月)〜10日(土) 森岡書店蚤の市


1月9日(金)〜11日(日) 骨董ジャンボリー   


1月18日(日) 大江戸骨董市


1月25日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  ARK HILLS ホームページ
Facebookページ →赤坂蚤の市 in ARK HILLS で検索して下さい。


皆様のご来場、お待ちしております。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


昨日は、新年初の出店となった大江戸骨董市へご来場いただいた皆様、ありがとうございました。


本日からは茅場町の森岡書店にて、森岡書店の蚤の市と題して、骨董業者/古着/作家様など計10組による
イベントがスタートいたします。

d0225812_1018694.jpg

d0225812_1022237.jpg



外のイベントではなかなか持っていく機会のないものや、先日の買い付けのアイテムなどを中心にお持ちいたします。


また、展示場所がギャラリーということもあり、少し趣向を凝らした見せ方も、、、と考えております。


私は本日から8日まで在廊し、9日〜は骨董ジャンボリーとなります。


皆様のご来場お待ちしております。

by orlando76 | 2015-01-05 10:24 | 雑記 | Comments(0)
2015年 01月 02日

Panier de Pichon

⚪︎出店情報


1月4日(日) 大江戸骨董市    


1月5日(月)〜10日(土) 森岡書店蚤の市


1月9日(金)〜11日(日) 骨董ジャンボリー   


1月25日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  ARK HILLS ホームページ
Facebookページ →赤坂蚤の市 in ARK HILLS で検索して下さい。

皆様のご来場、お待ちしております。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


新年初の出店は、明後日の大江戸骨董市となります。


また、その翌日の月曜日からは茅場町の森岡書店にて、森岡書店の蚤の市と題して、骨董業者/古着/作家様など計10組による
イベントに出店いたします。


皆様のご来場お待ちしております。


本日の御紹介です。

d0225812_18543676.jpg

d0225812_18551983.jpg

d0225812_1856216.jpg

d0225812_1856363.jpg

d0225812_18572315.jpg

d0225812_18575697.jpg

d0225812_1905512.jpg

d0225812_18583286.jpg

d0225812_1913896.jpg


Panier de Pichon FRANCE 1800年代初期〜1800年代中期


南仏UZES(ユゼス)の街に構えるPichon製の陶器のバスケット。


1800年代初期に良質な陶土が産出するUZESの街に工房が開かれてから、今日まで良質な陶器製品を生産するPichon。


側面の規則的に並んだ切り込みは、神殿の柱のようでシャープな印象ですが、南仏独特の黄釉による素朴な色目と良くマッチしております。


また、上部と下部の縁取りのパール装飾が程よく華やかさを添えており、果物や野菜を食卓やキッチンで
美しくディスプレイできます。


経年の変化により表面に細かな貫入がびっしりと入っておりますが、保存状態が大変良いです。


※底部に製造時に出来た傷及び、上部の淵に小さなあたり傷がございますが、全体の雰囲気を損ねる程ではございません。


ディテール

直径 24.5㎝
高さ 9㎝

¥24,840



〈INFO〉
ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2015-01-02 19:03 | VAISSELLE  | Comments(0)
2015年 01月 01日

Tirelire de moutons

⚪︎出店情報


1月4日(日) 大江戸骨董市    


1月5日(月)〜10日(土) 森岡書店蚤の市


1月9日(金)〜11日(日) 骨董ジャンボリー   


1月25日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS  ARK HILLS ホームページ
Facebookページ →赤坂蚤の市 in ARK HILLS で検索して下さい。

皆様のご来場、お待ちしております。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


皆様、あけましておめでとうございます。


d0225812_2014624.jpg



本年度もどうぞ宜しくお願い致します。


今年の目標は、これまでと変わらずに、皆様に私が感じるものたちをご紹介していけるように努めたい次第です。


常に新しい発見に出会える喜びを、皆様と共有できましたら幸せです。


新年最初のご紹介は、上のお写真で紹介した縁起物のこちらから。

d0225812_2023735.jpg

d0225812_20820100.jpg

d0225812_2074051.jpg

d0225812_20831100.jpg

d0225812_2094040.jpg

d0225812_20104343.jpg

d0225812_2011276.jpg

d0225812_20123774.jpg

d0225812_2012574.jpg

d0225812_20131540.jpg



Tirelire de moutons FRANCE 1800年代後期〜1900年代初期


羊の陶器製貯金箱。


キリスト教の世界では、小羊のモチーフはAgnus Die(神の小羊)といわれ、人間の罪に対する償いとして、イエスが生贄の役割を果たすといわれております。


台座の上に座っているポーズから、キリスト教に関係のある物のようですが、威圧的な雰囲気や仰々しさはなく、
全体的に優しい雰囲気は、あまり宗教的な匂いを感じません。


背中の部分にコインを入れる口がありますが、取り出す部分はございません。


焼成時にできた亀裂などがございますが、使用感は無く、大変良い保存状態です。


ディテール

台座直径 7×12.5㎝
高さ 8.5㎝

¥19,440  



〈INFO〉
ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2015-01-01 20:29 | SAINTS  | Comments(0)