ORLANDO

orlando76.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2015年 11月 19日

買い付け旅行記 2015SEPTEMBER4 特殊な美術館での親密なひと時

⚪︎出店情報


11月22日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS
ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 

12月5日(土)ホームクチュリエVol13 @アートコンプレックスセンター

12月6日(日)  大江戸骨董市 @有楽町国際フォーラム

12月12(土)〜14日(月) Salon d'histoire naturelle〜博物蒐集家の応接間 錬金術士の実験室〜 @神戸Landschapboek



※11月24〜30日の期間中は買い付けのため通販業務をお休みさせていただきます。
 どうぞ宜しくお願い致します。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


本日は前回の買い付け旅行記の最終回です。


実は上記にも記しましたが、来週より月末まで買い付けでフランスとベルギーに行ってまいります。


皆様もご存知の通り、先週末に起きたテロによりパリは今とても大変な状況になっております。


先週末は蚤の市やマルシェなど人が集まるイベントは概ね中止となってしまったようで、その影響はまだしばらく続くと思われますが、
運を天に任せて、予定通りに買い付けに行くことに決めました。


帰国後最初のイベントは12月5日に開催の日本ヴォーグ社主催による"ホームクチュリエVol13"に初参加させていただきます。


こちらのイベントは日本ヴォーグ社が出版する書籍に掲載されている人気作家様の作品の販売をメインとしておりますが、
手作り好きの方に向けてアンティークのパーツや材料等を数組のアンティークディーラーが同時に販売いたします。


大変人気のあるイベントのため、開場時には整理券が配られるほどですが、どなた様でもご自由にご来場いただけます。


今回の買い付けで良い出会いがありましたら、こちらのイベントにてご紹介したいと思います。


それでは買い付け旅行記です。


2015年9月7日(月)

本日は念のためにとっておいた予備日。


ありがたいことに特に何の問題もなく、買い付けは昨日で順調に終了し、午前中に梱包類もスムーズに進んだため、予定していた
2つの美術館に行くことに。


まず先に訪れたのは、数年前(前職に在籍中だから多分5.6年前)に初めて訪れ好きになったJacquemart-Andre(ジャックマール アンドレ)美術館へ。


d0225812_21483245.jpg



銀行家であったエドゥアール・アンドレと著名なアーティストのネリー・ジャックマール夫妻の集めた素晴らしいコレクションが展示される
オスマン通りに立つこの美術館は、生前に夫妻が住んだ豪華な邸宅になります。


イタリアルネッサンスの彫刻やエジプト文明の遺物、ボッティチェルリ・ウッチェロ・レンブラント・ダヴィッドなどをはじめとする5000点もの作品が収められており、
世界有数の個人コレクションと言われていますが、ジャンルやスタイルが多岐に渡っているにもかからず、やはり愛し合う二人により選ばれたものであるためか、
全体的にまとまっていて、どれもセンスが良い(私好み)という点に好感を持てるのです。


d0225812_22125415.jpg

d0225812_22124665.jpg

d0225812_2149252.jpg

d0225812_21492398.jpg



1階の一番奥の部屋の特別なコーナーにある小さな作品、レンブラントの"エマオの巡礼"が私の一番のお気に入りです。


d0225812_21491658.jpg



これだけ他の作品と違って保護用のガラス板?に覆われているのは、これがいかに重要な作品であるかということが伺えます。


展示はそれぞれ夫妻が住んでいた頃の部屋をそのまま使っており、寝室や食堂などに作品とともに当時の調度品が飾られていたりと、
まるで友達(どんな金持ちだ、、、)の家に招かれたような錯覚になります。


廊下のいたるところや、天井や壁面にも作品が点在しております。

d0225812_21493135.jpg

d0225812_2295249.jpg



こちらは冬の庭園という名の温室。

d0225812_2292242.jpg



収集された作品だけでなく、邸宅内のディテールにも二人のセンスが生きています。


また、今回は混んでいたのでパスしましたが、実際に食堂として使われていた場所はサロン ド テとなっており、ティエポロによる美しい天井画と、
素晴らしいコレクションのタペストリーを眺めながらお茶ができるという、大変贅沢な体験もできます。


ジャックマール アンドレ美術館を後にして、もう一つの目的地Gustave Moreau美術館へ。


こちらも生前に作家本が住んでいた屋敷をそのまま美術館として使っていて、ジャックマールほどは大きくありませんが、3階立て建物の壁一面にコレクションが
びっしりと飾られていて、かなり見ごたえのある展示となっています。

d0225812_22431162.jpg

d0225812_22431859.jpg

d0225812_22434123.jpg

d0225812_2243548.jpg



主要な作品以外にも膨大な量のデッサンなどが収められたパネルがあちこちにありますので、そこまで大きな美術館ではありませんが、好きな方は一日中いても
見きれないぐらいの作品量ではないかと思います。


この美術館では美しい螺旋階段も見どころの一つです。


d0225812_2243418.jpg



実は今回ここを訪れるきっかけとなったのは、私が渡航する直前までパリに旅行に来ていた知人からお勧めされたからなのですが、それまではあまり
モローについて興味を持つことはありませんでした。


しかし、今回たくさんの作品を見て、幾つかの作品に心を奪われるものがあり興味を持つことができました。


今までは何もない空間に作品だけが置かれているような状況で観たり(例えば日本の美術館の〜展とかの類)、
本やネット上でしか見てなかったので、今回のような実際に住んでいた場所で、それらの作品が生まれた空間で観ることによって
その世界観に引き込まれてしまったのではないかという気がします。


実際に時間を遡ることはできませんが、当時の風景を再現したり、状況を体験してみたりするのは、知るということにおいて最も重要な要素の一つでしょう。


今回訪れた2つの美術館、収集されたものと作ったものとの違いはありますが、個人の思いが込められた場所で鑑賞するというのは、
他の美術館では体験できない特別なものがあるかと思います。


また新たな買い付け時の楽しみが生まれた今回の旅でした。


おわり

by orlando76 | 2015-11-19 22:54 | 雑記 | Comments(0)
2015年 11月 13日

買い付け旅行記 2015SEPTEMBER3 小さな物との大きな出会い

⚪︎出店情報


11月14日(土)/15日(日) 東京蚤の市


11月22日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS
ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 


出店情報はこちらでもご確認いただけます。 ORLANDOホームページ



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ちょっと間があきましたが、本日は前回の買い付け旅行記の続きです。


2015年9月6日(日)

昨日で今回の買い付けの予算や物量はほぼクリアしたため、予備としてとっていた本日はパリ市内の定期の蚤の市を軽く散策のつもりではいましたが、
そんな時に限って出会ってしまうものです。


結局ちょこちょことあちこちで買い付けて、それなりの量と金額にはなってしまいましたが、結果オーライという事で、買い付け自体はこれにて終了です。


商品とは別に個人的にとても気に入ったものもコレクションとして買う事もありますが、今回は最後の最後でそんなアイテムと出会いまいした。


d0225812_19483793.jpg



この小さな丸いケースはおよそ直径4センチほどの木製で、1800年代初期頃に作られました。
中に小さなかけらを納めるためのものですが、残念ながらそのかけらは失われておりました。


そのかけらの正体は、聖職者の着ていた衣服や骨、またはそれにまつわるもので、お守りのような役割を果たすキリスト教の遺物になります。


かけらが入っていないのは残念ですが、小さな蓋に手彫りでハートや模様、よく見ると文字も入っていたりするところに惹かれました。


この小さくて大きなパワーを秘めた物、今回は私のコレクションにしましたが、いつか皆様にお届けできるものを買い付けたいと思います。



続く

by orlando76 | 2015-11-13 20:09 | 雑記 | Comments(0)
2015年 11月 12日

Verre trompeurs

⚪︎出店情報


11月14日(土)/15日(日) 東京蚤の市


11月22日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS
ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 


出店情報はこちらでもご確認いただけます。 ORLANDOホームページ



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ちょっと間が空いてしまいましたが、いよいよ明後日と明々後日の土日は東京蚤の市です。


私は前回同様にフローリストのNya(ニャー)様のブースにてシェアにて参加いたします。


本日は措置他に持っていくアイテムの中から、先日の買い付けにて見つけたこちらのグラスをご紹介です。


d0225812_2074110.jpg


A
d0225812_208692.jpg

d0225812_20144552.jpg

d0225812_2074926.jpg

d0225812_2081063.jpg

d0225812_2015545.jpg


B
d0225812_20151147.jpg

d0225812_20152854.jpg

d0225812_201652100.jpg

d0225812_20165776.jpg

d0225812_2017471.jpg


C
d0225812_20193182.jpg

d0225812_20193646.jpg

d0225812_20194565.jpg

d0225812_20205830.jpg

d0225812_20194040.jpg


d0225812_20211438.jpg



Verre trompeurs FRANCE 1800年代後期


厚底のショットグラスを3点ご紹介です。
※コーディネートの写真はCになります。


プレスガラスで厚底になっているこちらのグラスは、ビストロやバーなどで使われていた業務用のショットグラス。


不自然なほど厚底になっており、通称でトロンプルイユグラス(だまし絵グラス)と呼ばれています。


業務用として丈夫さも兼ね備えておりますが、このガラスの塊のようなフォルムが魅力的です。


AとBは大きさが一緒ですが胴体の楯模様に違いがあり、BとCはデザインが一緒の兄弟になります。
※大きさの違いは一番最後のお写真をご参照ください。


また、Aは底部に凹みがありますが、BとCは殆ど平らになります。


リキュールのほか、お好きな方は日本酒用にお使いになるのも良いでしょう。


※業務用に使われていたもののため、小さな擦り傷等がございますが、ご使用には差し支えございません。


ディテール

A&B
高さ 約5㎝
直径 約4㎝

C
高さ 約6㎝
直径 約5㎝

プライス 各¥4.320


〈INFO〉ブログに掲載したお品は、週末の出店明けの月曜日にORLANDOホームページにアップさせていただきます。

商品の詳細・ご質問等がございましたら、下記コメントにてご連絡下さい。

by orlando76 | 2015-11-12 20:24 | VAISSELLE  | Comments(0)
2015年 11月 05日

表参道ヒルズ クリスマスイルミネーション2015

⚪︎出店情報


11月14日(土)/15日(日) 東京蚤の市


11月22日(日) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS
ARK HILLS ホームページ
Facebookページ 


出店情報はこちらでもご確認いただけます。 ORLANDOホームページ



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


朝晩ぐっと冷え込んで、冬が間近な今日この頃ですね。


ハロウィンが終わると、世の中はすっかりクリスマスの様相を呈してきました。


至る所でクリスマス関連のグッズを見かけたり、クリスマスツリーが飾られてるいますね。


本日は私のもう一つのお仕事にお話になりますが、表参道ヒルズの館内のクリスマスイルミネーションのお仕事をさせていただきました。


"人々が集う場所〜ツリーの麓のガーデンパーティー〜"をテーマに吹き抜けに設置の8メートルのメインツリーに
飾られるヤドリギモチーフのシャンデリアのデザインをさせていただきました。


d0225812_1827697.jpg




ヤドリギはケルト神話・北欧神話では幸福、安全、幸運をもたらす植物との言い伝えから、
聖なる木とされていて非常に縁起の良い植物とされてきました。


そこからいつからかクリスマス時期に飾る風習が生まれたようで、私自身も買い付けでクリスマス時期にフランスやベルギーを訪れた際に
街角や玄関に飾っている様子を見かけたり、アンティークのクリスマスカードにモチーフとして描かれているのを目にしてきました。


そんなヤドリギに込められたストーリーを形にしたくて、皆様が幸せで楽しいクリスマスを過ごせる様にとの想いを込めてデザインさせていただきました。


幻想的でドラマチックな仕上がりに私自身とても満足しております。
※制作チームのkloka 高橋様/TRANSISTOR botanica lLaB 高城様ありがとうございます!


また、ガーデンパーティーということで、ツリーの麓には赤と緑の2つのテーブルデコレーションも設置され、それぞれをYOSHiKO CREATiON PARiS
梶谷好孝様とfoodcreationの諏訪 綾子様のコーディネート作品もご覧いただけます。

d0225812_182729.jpg

d0225812_18262263.jpg



↑コーナーのアップをワンカットのみご紹介しました。
今まで見たことないような、パンチの効いたクリエイションのクリスマスイルミネーションになっておりますので、実際に表参道ヒルズで全体像をご覧になってください。


このような一流のクリエイター様とご一緒にお仕事させていただく機会をいただきとても緊張いたしましたが、素晴らしい経験をさせて頂く事ができました。


本日は石田純一さんの娘さん、スミレさんによる点灯式のセレモニーが行われ、12月25日まで開催されておりますので、お近くにお越しの際は
是非お立ち寄りください。


尚、イルミネーションを1時間ごとに昼と夜の演出を行いますので、それぞれ違った表情で楽しめるかと思います。
※個人的には夜の演出で、幻想的に光るヤドリギがお気に入りです。


追記:12月3日より同会場にて、クリスマスマーケットが開催されます。
   ORLANDOはこちらに12月18日〜25日に出店いたします。
   詳細は後日お知らせいたします。

by orlando76 | 2015-11-05 18:34 | 雑記 | Comments(0)