ORLANDO

orlando76.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 15日

Mains blanches


出店情報



出店情報はこちらでもご確認いただけます。  ORLANDOホームページ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ご無沙汰いたしております、、、

春はイベント⇨買い付け⇨イベントと、うれしい悲鳴ではございますが、ちょっとバタバタとする日々が続いておりました、、、

なかなかゆっくりとブログを更新するタイミングが、、、と、言い訳なのですが。

やっと落ち着いたというわけではないのですが、まずは先月末の赤坂蚤の市inARK HILLS4周年は、大盛況にて終了となりまして
ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

これからも5周年、10周年を目指して頑張ります!
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

また、今月27日(日)の開催はなんと第50回!となります。

そして、上記にも記しましたが、週末は青山WEEKLY ANTIQUE MAREKETに出店いたします。

皆様のご来場お待ちしております。


本日は、こちらのご紹介をさせていただきます。

d0225812_17023668.jpg
d0225812_17030409.jpg
d0225812_17030396.jpg
d0225812_17030590.jpg
d0225812_17030673.jpg
d0225812_17030899.jpg
d0225812_17030920.jpg
d0225812_17030846.jpg
d0225812_17030746.jpg


Mains blanches FRANCE 1800年代

木製の人形の手。

バランスの良い丸みを帯びた柔らかな雰囲気の人形の手は、表面の塗装がほとんど剥げて素地が見えており、
親指の腹も一部欠けておりますが、良い味わいを出しており存在感がございます。

買い付け時に聖人の手と聞いており、定かではございませんが、伝わってくる雰囲気からそうであった可能性が
高いと推測しております。

腕の切断面の中央に針金が仕込んでありますので、上腕部や胴体と接合されていたようです。

顔や脚など、人形のパーツの類はオブジェとしても人気のあるものではございますが、その中でも特に手は
イメジネーションを掻き立てられる特別な何かを備えているよう思えます。

※ギリギリ自立いたしますが、不安定なので台を作るか横倒しの状態で飾ることをお勧めいたします。


ディテール

全長 15.5㎝
幅  4.5㎝
¥48.600

ただいまHPのリニューアルにき、掲載時期は未定となります。
通販のご希望、お問い合わせは直接メールで頂くか、下記のコメントにお寄せください。



# by orlando76 | 2018-05-15 17:05 | SAINTS  | Comments(0)
2018年 03月 24日

Agnus Dei


3月28日(水)~4月15日(日) H.P.DECO好奇心の小部屋二子玉川店

出店情報はこちらでもご確認いただけます。  ORLANDOホームページ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。

本日2度目の投稿です。

実は、数日前に投稿の予定しておりましたが、PCの不具合で作業できずに本日まとめてとなってしまいました。

気がつくと今のmacは既に10年ほど使っておりますので、そろそろ限界なのかも、、、と思っています。

季節は春、出会いと別れの季節ですので良いタイミングかもしれません。
※と自分に言い聞かせて新調する言い訳にするw

それではご紹介になります。

d0225812_10000289.jpg

d0225812_10271624.jpg

d0225812_10264426.jpg


d0225812_10281936.jpg
d0225812_09585953.jpg
d0225812_09585954.jpg
d0225812_09585997.jpg
d0225812_09590063.jpg
d0225812_09590001.jpg

Agnus Dei FRANCE 1800年代後期〜1900年代初期

神の小羊を表すAgnus Dei(アニュス ダイ)のワックス製プレートが収められた聖遺物箱(Reliquaire)。

このワックスのタイプは時々見かけますが状態が大変よく、紙でできた装飾のパプロール(Paperoles)もしっかりと残っています。

使われている布張りなどの雰囲気から1800年代後半〜1900年代初期頃に個人の手で作られたものであると推測されますが、
中に収められているワックスはそれよりも古いものである可能性もございます。

個人の手作りのようですので、古い時代のものを作り直した可能性もございます。

外枠の布張りや内側の花と唐草の模様の内枠、ナポレオン3世スタイルのものと思われるオーバルの盛り上がったガラス蓋、
真鍮の壁掛け金具など素材をきちんと選んで丁寧に仕上げられている点が伺えます。

手作り品であるためやや歪んでいますが、そこはご愛嬌。
違和感を覚えるほどの問題はございません。

キリストの象徴ではございますが、存在感のあるオブジェとしてインテリアとして取り入れやすい美しいお品です。

ディテール

直径 15×19㎝
厚み 6.5㎝ ガラス含む
¥43.200

※HPへは近日中に掲載予定です。




# by orlando76 | 2018-03-24 10:30 | SAINTS  | Comments(0)
2018年 03月 24日

Lèchefrite et bol

出店情報


3月28日(水)~4月15日(日) H.P.DECO好奇心の小部屋二子玉川店

出店情報はこちらでもご確認いただけます。  ORLANDOホームページ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。

明日は第48回赤坂蚤の市inARK HILLSの開催です。

雪が降ったり、雨が降ったりと今週は天候の移り変わりが激しい1週間でしたが、
明日は晴れて桜も満開になるかも?との予報ですので、きっと気持ちの良い一日となりそうな予感です。

先週買い付けた新商品を沢山お持ちいたしますので、どうぞ宜しくお願い致します。

本日はその中よりこちらのご紹介です。

d0225812_12365100.jpg
Lèchefrite S
d0225812_12385559.jpg
d0225812_12385545.jpg
d0225812_12385574.jpg
d0225812_12385551.jpg
d0225812_12385599.jpg
Lèchefrite L
d0225812_12385680.jpg
d0225812_12385600.jpg
d0225812_12385672.jpg
d0225812_12385691.jpg
d0225812_12385667.jpg
d0225812_12394814.jpg


Bol黄色

d0225812_08545577.jpg
d0225812_08545503.jpg
d0225812_09241289.jpg

Bolオレンジ



d0225812_09355458.jpg



d0225812_08545625.jpg
d0225812_08561729.jpg
d0225812_08545754.jpg
d0225812_08552851.jpg
d0225812_09361157.jpg





Lèchefrite et bol FRANCE 1800年代後期

一度に4点ご紹介いたします。

まずはLèchefrite(レシュフリット)の方から。

肉汁をポテトなど野菜と絡めて調理するためのフライパン兼器。

大きい方のサイズがポピュラーに感じますので、小さい方は少し珍しいかもしれません。

どちらもナイフ傷はございますが、全体的には状態が良く、実用にも、果物を飾っていただいても
さまになるかと思います。

大きな方は縁にあたり傷がございますが、その他は大きな損傷はございません。

また、大きい方は写真では分かりづらいのですが、器胎の中央部が盛り上がっております。


把手付きのフォルムがカワイイボウルは共に南仏APTのもの。

マーブル模様が独特で飾っても楽しいですね。

特に字色が茶色の方はかなり使い込まれた色合いになっておりましてよい雰囲気に。

器胎にはAPTのある地域の'ROCHEFORT MONTAGNE'の文字が彫られております。
※ロシュフォールの恋人たちの舞台とは違う場所です。

共に縁に擦り傷がございまして、特に茶色の方は把手の裏側にも大きな擦り傷がございますが、
全体的には良い状態で大きな損傷などはございません。

ディテール

Lèchefrite S
直径 24.5×45㎝ ※把手含む
高さ 5㎝
¥23.760

Lèchefrite M
直径 19×30㎝ ※把手含む
高さ 7.5㎝
¥23.760

Bol 黄色
直径 11×14㎝ ※把手含む
高さ 8㎝
¥14.040

Bol オレンジ
直径 11.5×18㎝ ※把手含む
高さ 5㎝
¥14.040


※HPへの掲載は近日中に予定しております。→サイトリニューアル予定のため、掲載を見合わせました。
ご希望の方はコメントにてお問い合わせくださいませ。




# by orlando76 | 2018-03-24 09:20 | VAISSELLE  | Comments(0)
2018年 02月 01日

Petite lanterne

出店情報


2月4日(日) 大江戸骨董市@有楽町国際フォーラム




出店情報はこちらでもご確認いただけます。  ORLANDOホームページ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。


本日より2月がスタート、本当に本当に早いですね、もう今年に入ってからひとつきが経つなんて、、、、
イベントに追われてしまい、商品のご紹介もほとんどできておらずにすみません!

というわけで、本日は今年初!の商品紹介となります。


d0225812_14193878.jpg
d0225812_14195061.jpg
d0225812_14195725.jpg
d0225812_14200594.jpg
d0225812_14201442.jpg
d0225812_14202202.jpg
d0225812_14203393.jpg
d0225812_14204173.jpg
d0225812_14204778.jpg
d0225812_14205208.jpg
d0225812_14205782.jpg
d0225812_14210217.jpg
d0225812_14210844.jpg



Petite lanterne FRANCE 1900年代初期

小さなランタン。

付属のパーツなどが他にはないと思いますので、完品となります。

手を広げたより少し大きめのサイズで、特徴は前面の厚めの面取りガラス。

両サイドにもガラスが入っており、前面の面取り部にほんの小さな傷があるだけで、本体のブリキ部も錆は出ておりますが、
大きなダメージは全くございません。

前面のガラスを上部にスライドして、中のオイルを入れる容器を取り出すことが出来ます。

オイルは芯と調節のつまみがついている部分をくるくると回すと蓋のように開きます。

芯が10㎝ほどございますので、実際にオイルを入れていただければ使用できるかと思います。
※当方では点灯の確認はしておりません。

上部の取っ手と背面の取っ手は本体にぴったりとたたむことができ、背面の固定用のフックで
壁面などに取り付けることも出来ます。

ディーラーからは鉄道用か自転車/バイク用かもと聞きましたが、鉄道用のものでフランス国鉄(SNCF)のマーク入りのもの
でほぼ同じものを見たことがございますので、鉄道用かと推測されますが、詳細は不明です。

ディテール

高さ  14.5㎝ 取っ手を除く
幅   7.5㎝
奥行き 6.5㎝ 取っ手を除く

¥23.760

※HPへは近日中にアップ予定となります。








# by orlando76 | 2018-02-01 14:24 | AUTRES BIENS | Comments(0)
2018年 02月 01日

Petite lanterne

出店情報


2月4日(日) 大江戸骨董市@有楽町国際フォーラム




出店情報はこちらでもご確認いただけます。  ORLANDOホームページ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。


本日より2月がスタート、本当に本当に早いですね、もう今年に入ってからひとつきが経つなんて、、、、
イベントに追われてしまい、商品のご紹介もほとんどできておらずにすみません!

というわけで、本日は今年初!の商品紹介となります。


d0225812_14193878.jpg
d0225812_14195061.jpg
d0225812_14195725.jpg
d0225812_14200594.jpg
d0225812_14201442.jpg
d0225812_14202202.jpg
d0225812_14203393.jpg
d0225812_14204173.jpg
d0225812_14204778.jpg
d0225812_14205208.jpg
d0225812_14205782.jpg
d0225812_14210217.jpg
d0225812_14210844.jpg



Petite lanterne FRANCE 1900年代初期

小さなランタン。

付属のパーツなどが他にはないと思いますので、完品となります。

手を広げたより少し大きめのサイズで、特徴は前面の厚めの面取りガラス。

両サイドにもガラスが入っており、前面の面取り部にほんの小さな傷があるだけで、本体のブリキ部も錆は出ておりますが、
大きなダメージは全くございません。

前面のガラスを上部にスライドして、中のオイルを入れる容器を取り出すことが出来ます。

オイルは芯と調節のつまみがついている部分をくるくると回すと蓋のように開きます。

芯が10㎝ほどございますので、実際にオイルを入れていただければ使用できるかと思います。
※当方では点灯の確認はしておりません。

上部の取っ手と背面の取っ手は本体にぴったりとたたむことができ、背面の固定用のフックで
壁面などに取り付けることも出来ます。

ディーラーからは鉄道用か自転車/バイク用かもと聞きましたが、鉄道用のものでフランス国鉄(SNCF)のマーク入りのもの
でほぼ同じものを見たことがございますので、鉄道用かと推測されますが、詳細は不明です。

ディテール

高さ  14.5㎝ 取っ手を除く
幅   7.5㎝
奥行き 6.5㎝ 取っ手を除く

¥23.760

※HPへは近日中にアップ予定となります。








# by orlando76 | 2018-02-01 14:24 | AUTRES BIENS | Comments(0)
2018年 01月 29日

『赤坂蚤の市』ご来場いただきありがとうございました。

出店情報


2月4日(日) 大江戸骨董市@有楽町国際フォーラム



出店情報はこちらでもご確認いただけます。  ORLANDOホームページ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。


『赤坂蚤の市inSHINJUKU ISETAN』/『第46回赤坂蚤の市inARK HILLS』へご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

昨日は寒い中の開催でしたが、いつもと変わらずたくさんのお客様にご来場いただき、感謝感激です。

また、23日まで開催された伊勢丹新宿店でのイベントで初めて知っていただいた方々のご来場がたくさんあったことを、出店者様方よりご報告いただき、
泣きそうなくらいに嬉しかったです。

本当に有難うございました。

これからも皆様に愛され、楽しめるイベントを続けていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。


イベントへ全力投球の日々が続き、なかなか自身の活動までは十分にできておりませんでしたが、今週末の4日(日)は大江戸骨董市に出店いたします。

どうぞ宜しくお願い致します。








# by orlando76 | 2018-01-29 15:08 | 雑記 | Comments(0)
2018年 01月 17日

『赤坂蚤の市inSHINJUKU ISETAN』本日より開催です!

出店情報


1月17日(水)〜23(火) 赤坂蚤の市inSHINJUKU ISETAN@伊勢丹新宿本店2階




出店情報はこちらでもご確認いただけます。  ORLANDOホームページ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。


あっという間に今年も2週間が経過しましたね、早いものです!

一昨日の15日(月)をもって、年末より展開しておりましたH.P.DECO好奇心の小部屋ルミネ横浜店でのイベントが終了いたしました。

また、先週末開催の骨董ジャンボリーも無事に終了いたしました。

期間中ご来場、お買い上げ頂いた皆様、ありがとうございました。

そして、次なるイベントが本日より伊勢丹新宿店にて始まります。

今回初の開催となる、赤坂蚤の市のポップアップストア『赤坂蚤の市inSHINJUKU ISETAN』です。

d0225812_16293209.jpg


アンティークの家具や雑貨、古着やジュエリー、ライフスタイルを彩るクラフトアイテムや作家作品など、
さまざまなジャンルの 出店者が集い、毎回多くの人々で賑わう「赤坂蚤の市」が、
アークヒルズ アーク・カラヤン広場から新宿伊勢丹本館 2F ザ・ステージ#2 に場所を移し、初のポップアップショップをオープンします。
会場には、「赤坂蚤の市」に出店している出店者 の中から選りすぐりの23店舗が登場し、1 週間のうち前半と後半で一部店舗も入れ替わります。
出店者との出会いや語らいの中でアイテム 1 つ 1 つの背景にある物語を知ることができるヴィンテージやアンティークならではの奥深さを感じ たり、
「宝探し」の感覚でショッピングをすることの楽しさに気付かせてくれます。
「赤坂蚤の市 in SHINJUKU ISETAN」 は、ファッション感度の高い方が集う新宿伊勢丹を舞台に新しいライフスタイルを提案し、
今まで出会ったことのなかったア イテムとの出会いや、人と人との繋がりの場を提供します。

◆赤坂蚤の市 in SHINJUKU ISETAN

◆2018年1月17日(水)~23日(火)

◆新宿伊勢丹本館 2 階 ザ・ステージ#2

◆参加店舗数: 23 店舗  ※前半~20/後半21~で一部出店者入れ替え

🌟アンティーク/ヴィンテージ🌟
COVIN
DOANOB
higurashi
LePetit Tresor
ORLANDO
Petit Musée
univers Y

🔸前半 ~20日まで
Glucklich
ten kara ten

🔸後半 21日~
Lucy&Matilda

🌟クラフト🌟
kaai
que
robinet
Sugri
trois produits
Va Pla
ミュゲ

🔸前半 ~20日まで
BABY BAZAAR
nico handwork items
riuru

🔸後半 21日~
daisyhill
Planet Opera Theater
point de Japon


詳細はこちらでもご確認いただけます。

赤坂蚤の市公式Facebookページ:(8) 赤坂蚤の市 in ARK HILLS - ホーム

皆様のご来場お待ちしております!




# by orlando76 | 2018-01-17 10:30 | イベント | Comments(0)
2017年 12月 21日

Deux croix

出店情報


12月27日(水)~1月15(月) H.P.DECO好奇心の小部屋横浜店@横浜ルミネ


1月7日(日) 大江戸骨董市@有楽町国際フォーラム


1月12日(金)~14日(日)骨董ジャンボリー@東京ビックサイト


1月17日(水)〜23(火) 赤坂蚤の市inSHINJUKU ISETAN@伊勢丹新宿本店2階




出店情報はこちらでもご確認いただけます。  ORLANDOホームページ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。


本日は一昨日にご紹介させていただいた、

マリア様の足元に置いた2つのクロスのご紹介です。


Croix de l'ange

d0225812_12432492.jpg
d0225812_12434732.jpg
d0225812_12435496.jpg
d0225812_12441278.jpg
d0225812_12443449.jpg
d0225812_12444311.jpg
d0225812_12445140.jpg
d0225812_12450260.jpg


Reliquaire Louise de Marillac
d0225812_12451063.jpg
d0225812_12451817.jpg
d0225812_12452554.jpg
d0225812_12453518.jpg
d0225812_12454333.jpg

Croix de l'ange & Reliquaire Louise de Marillac FRANCE 1900年代初期

2つのクロスのご紹介です。

どちらも真鍮の素材をベースに繊細に作られております。


《Croix de l'ange》

アールヌーヴォー期のデザインされたカーネーションが組み合わされたクロス型に
エンジェルとパンジーが組み合わされております。

カーネーションはキリストが十字架に架けられた時、母親の聖母マリアの涙によってカーネーションが生まれたというエピソードがあり、
またパンジーはキリストを磔(はりつけ)にした十字架の影がスミレの花に伸びたことから、
聖母マリアの祭壇にスミレの花輪が飾られるそうで、これらに由来してデザインされたのではないかと思います。

リングが付属しておりますので、リボンなどを通して飾ることができます。

ところどころに緑青がでておりますが、全体の雰囲気を損ねるほどではございません。


《Reliquaire Louise de Marillac》

実在した聖女ルイーズ・ド・マリヤック(1591~1660)にまつわる遺物を納めたReliquire(ルリケール/聖遺物箱)と呼ばれる作品。

真鍮のフルール・ド・リス(百合の紋章)をモチーフにしたフレームに、石粒と名前が書かれた紙、装飾のパーツが入っております。

ルイーズ・ド・マリヤックは貧民救済の為に生涯を捧げ、修道会の設立に大きく貢献した聖人として知られております。

こちらもリングが付属しておますので、壁にかけたりして飾ることができます。

裏蓋には製作した教会の封蝋が施され、オフィシャルのものであることが証明されております。

一部緑青がでている箇所もございますが、全体の雰囲気を損ねるほどではなく、内部のパーツの欠損や剥離等もない素晴らしいコンディションの作品です。


ディテール

Croix de l'ange
縦  13.5㎝ ※リング含む
横  11.5㎝
厚み 約1.5㎝
¥24.840

Reliquaire Louise de Marillac
幅  8㎝
厚み 約1.5㎝
¥39.960


お品は近日中にHPにアップ予定となります。



# by orlando76 | 2017-12-21 13:37 | SAINTS  | Comments(0)
2017年 12月 19日

Immaculate Conception

出店情報


12月27日(水)~1月15(月) H.P.DECO好奇心の小部屋横浜店@横浜ルミネ


1月7日(日) 大江戸骨董市@有楽町国際フォーラム


1月12日(金)~14日(日)骨董ジャンボリー@東京ビックサイト


1月17日(水)〜23(火) 赤坂蚤の市inSHINJUKU ISETAN@伊勢丹新宿本店2階




出店情報はこちらでもご確認いただけます。  ORLANDOホームページ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。


今年も残りあとわずか、本当に早いものですね。

先日の赤坂蚤の市をもって、直接店頭に立つ出店イベントは今年は終了いたしましたが、年末から年始にかけて、
前回ご好評いただいたH.P.DECO好奇心の小部屋横浜店にて展示販売いたします。

年始からは大江戸骨董市、定例の赤坂蚤の市inARK HILLSに加え、初開催となる伊勢丹新宿本店での
赤坂蚤の市inSHINJUKU ISETANをプロデュースさせていただき、出品もさせていただきます。

こちらの詳細につきましてはまた改めてご紹介させていただきます。

本日はクリスマス目前ということもあり、こちらのご紹介です。

d0225812_14092217.jpg
d0225812_14092819.jpg
d0225812_14093506.jpg
d0225812_14094298.jpg
d0225812_14102015.jpg
d0225812_14102796.jpg
d0225812_14103498.jpg
d0225812_14095642.jpg
d0225812_14100302.jpg
d0225812_14101279.jpg
d0225812_14104273.jpg
d0225812_14104943.jpg




Immaculate Conception FRANCE 1800年代中期〜後期

聖母マリアが、原罪の汚れととがを存在のはじめから一切受けていなかったとする、カトリック教会における教義を
表す彫像。

青い衣と天使達、悪の化身とされる蛇を踏みつけるポーズなど特徴的な要素で構成されております。

木彫にペイントが施され、全て手作業による丁寧な作りであることが見て取れ、
マリア様や天使達の遠くを見つめるような眼差しややや虚ろな感じの表情など、
静かでありながらも存在感のある作品です。

マリア様と天使達は全てガラス製の目が入っていることにも注目に値します。

目は口ほどにと申しますが、表情の中でも最も重要な部分に手をかけていることに
作品としての価値の高さが伺えます。

経年の変化により塗装が全体的に剥がれ落ち、亀裂が入っている部分もございますが、ベースの出来が良いことで
決して貧相になっておらず、かえって神々しくも感じます。

他、取り外しが可能な台座(きっちりはまっておりますが、力を入れれば抜けます)の足の一箇所に欠損がございます。
また、マリア様の頭頂部に小さな窪みがございますので、制作当初は冠などが付いていた可能性がございます。

ディテール
高さ 22㎝
幅  6㎝×10㎝
¥140,400

ホームページへは近日に公開予定となります。







# by orlando76 | 2017-12-19 14:33 | SAINTS  | Comments(0)
2017年 11月 30日

Cul noir

出店情報

12月3日(日) 大江戸骨董市@有楽町国際フォーラム




出店情報はこちらでもご確認いただけます。  ORLANDOホームページ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。

ちょっと時間が経ちましたが、11月中旬にフランスとベルギーでの買い付け、そして
帰国直後の開催となった第44回赤坂蚤の市inARK HILLSが終了致しました。

ここ最近買い付けのスケジュールと出店する機会が多くなってしまいましたので、
なかなかブログの方を更新んできておりませんが、折を見て引き続き続けていきたいと思いますので、
お付き合いいただければ幸いです。

尚、日々の更新はInstagramにて随時アップしておりますので、よろしければそちらも御覧ください!





以前は買い付け旅行記を度々更新しておりましたが、Instagramのほうでタイムリーに!御覧いただけます。


本日のご紹介は引き続きこちらのほうでも行っていきますのでお楽しみに。


というわけで、本日のご紹介はこちらです。


d0225812_17183397.jpg
平皿
d0225812_17391945.jpg

d0225812_17404900.jpg
d0225812_17405275.jpg

d0225812_17392547.jpg
d0225812_17392141.jpg
d0225812_17405429.jpg
d0225812_17443841.jpg

スープ皿
d0225812_17411518.jpg
d0225812_17453275.jpg
d0225812_17460508.jpg
d0225812_17472260.jpg
d0225812_17480706.jpg
d0225812_17483878.jpg
d0225812_17484802.jpg
ボウル

d0225812_17495880.jpg
d0225812_17500091.jpg
d0225812_17500364.jpg
d0225812_17500544.jpg
d0225812_17500709.jpg
d0225812_17501051.jpg
d0225812_17501264.jpg
d0225812_17501504.jpg
d0225812_17501873.jpg

Cul noir FRANCE  1800年代中期〜後期

直径がほぼ同じで深さが違う3枚のCul noirのご紹介です。

3点まとめて見つかりましたので、同じ方が使っていたのかもしれません。

平皿、スープ皿、ボウルといった感じでしょうか。

順番に色合いが白/青っぽい白/薄い青となります。

スープ皿とボウルの裏には窯元でフランス中部の町にしてジャンヌダルク縁のORLEANSの文字が刻印されております。

どれも小ぶりで使いやすいサイズなので、日本の食卓では重宝するのではないでしょうか。

状態も問題なく、経年の使用による縁のスレや窯キズはございますが、貫入の入り具合共に
良い年月を経ている風合いです。
※スープ皿の縁に裏まで届いているヒビがございますが、ご使用に差し支えない程度です。


ディテール

平皿
直径 23.5㎝
高さ 約4㎝

スープ皿
直径 23.5㎝
高さ 約5.5㎝

ボウル
直径 23㎝
高さ 約6㎝

各 ¥15,120(税込)

※ブログを御覧いただいた方限定で3点まとめてのお買い上げの場合、¥40,000(税込送料別)にてご提供させていただきます。
ご希望の方は fabiokeiji@r8.dion.ne.jp まで直接ご連絡ください。
売り切れまたは1点でも先に売れてしまった場合は終了とさせていただきます。


ホームページへは近日に公開予定となります。



# by orlando76 | 2017-11-30 18:01 | VAISSELLE  | Comments(0)