ORLANDO

orlando76.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 21日

Deux croix

出店情報


12月27日(水)~1月15(月) H.P.DECO好奇心の小部屋横浜店@横浜ルミネ


1月7日(日) 大江戸骨董市@有楽町国際フォーラム


1月12日(金)~14日(日)骨董ジャンボリー@東京ビックサイト


1月17日(水)〜23(火) 赤坂蚤の市inSHINJUKU ISETAN@伊勢丹新宿本店2階




出店情報はこちらでもご確認いただけます。  ORLANDOホームページ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。


本日は一昨日にご紹介させていただいた、

マリア様の足元に置いた2つのクロスのご紹介です。


Croix de l'ange

d0225812_12432492.jpg
d0225812_12434732.jpg
d0225812_12435496.jpg
d0225812_12441278.jpg
d0225812_12443449.jpg
d0225812_12444311.jpg
d0225812_12445140.jpg
d0225812_12450260.jpg


Reliquaire Louise de Marillac
d0225812_12451063.jpg
d0225812_12451817.jpg
d0225812_12452554.jpg
d0225812_12453518.jpg
d0225812_12454333.jpg

Croix de l'ange & Reliquaire Louise de Marillac FRANCE 1900年代初期

2つのクロスのご紹介です。

どちらも真鍮の素材をベースに繊細に作られております。


《Croix de l'ange》

アールヌーヴォー期のデザインされたカーネーションが組み合わされたクロス型に
エンジェルとパンジーが組み合わされております。

カーネーションはキリストが十字架に架けられた時、母親の聖母マリアの涙によってカーネーションが生まれたというエピソードがあり、
またパンジーはキリストを磔(はりつけ)にした十字架の影がスミレの花に伸びたことから、
聖母マリアの祭壇にスミレの花輪が飾られるそうで、これらに由来してデザインされたのではないかと思います。

リングが付属しておりますので、リボンなどを通して飾ることができます。

ところどころに緑青がでておりますが、全体の雰囲気を損ねるほどではございません。


《Reliquaire Louise de Marillac》

実在した聖女ルイーズ・ド・マリヤック(1591~1660)にまつわる遺物を納めたReliquire(ルリケール/聖遺物箱)と呼ばれる作品。

真鍮のフルール・ド・リス(百合の紋章)をモチーフにしたフレームに、石粒と名前が書かれた紙、装飾のパーツが入っております。

ルイーズ・ド・マリヤックは貧民救済の為に生涯を捧げ、修道会の設立に大きく貢献した聖人として知られております。

こちらもリングが付属しておますので、壁にかけたりして飾ることができます。

裏蓋には製作した教会の封蝋が施され、オフィシャルのものであることが証明されております。

一部緑青がでている箇所もございますが、全体の雰囲気を損ねるほどではなく、内部のパーツの欠損や剥離等もない素晴らしいコンディションの作品です。


ディテール

Croix de l'ange
縦  13.5㎝ ※リング含む
横  11.5㎝
厚み 約1.5㎝
¥24.840

Reliquaire Louise de Marillac
幅  8㎝
厚み 約1.5㎝
¥39.960


お品は近日中にHPにアップ予定となります。



by orlando76 | 2017-12-21 13:37 | SAINTS  | Comments(0)


<< 『赤坂蚤の市inSHINJUK...      Immaculate Conc... >>