ORLANDO

orlando76.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2017年 12月 21日

Deux croix

出店情報


12月27日(水)~1月15(月) H.P.DECO好奇心の小部屋横浜店@横浜ルミネ


1月7日(日) 大江戸骨董市@有楽町国際フォーラム


1月12日(金)~14日(日)骨董ジャンボリー@東京ビックサイト


1月17日(水)〜23(火) 赤坂蚤の市inSHINJUKU ISETAN@伊勢丹新宿本店2階




出店情報はこちらでもご確認いただけます。  ORLANDOホームページ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。


本日は一昨日にご紹介させていただいた、

マリア様の足元に置いた2つのクロスのご紹介です。


Croix de l'ange

d0225812_12432492.jpg
d0225812_12434732.jpg
d0225812_12435496.jpg
d0225812_12441278.jpg
d0225812_12443449.jpg
d0225812_12444311.jpg
d0225812_12445140.jpg
d0225812_12450260.jpg


Reliquaire Louise de Marillac
d0225812_12451063.jpg
d0225812_12451817.jpg
d0225812_12452554.jpg
d0225812_12453518.jpg
d0225812_12454333.jpg

Croix de l'ange & Reliquaire Louise de Marillac FRANCE 1900年代初期

2つのクロスのご紹介です。

どちらも真鍮の素材をベースに繊細に作られております。


《Croix de l'ange》

アールヌーヴォー期のデザインされたカーネーションが組み合わされたクロス型に
エンジェルとパンジーが組み合わされております。

カーネーションはキリストが十字架に架けられた時、母親の聖母マリアの涙によってカーネーションが生まれたというエピソードがあり、
またパンジーはキリストを磔(はりつけ)にした十字架の影がスミレの花に伸びたことから、
聖母マリアの祭壇にスミレの花輪が飾られるそうで、これらに由来してデザインされたのではないかと思います。

リングが付属しておりますので、リボンなどを通して飾ることができます。

ところどころに緑青がでておりますが、全体の雰囲気を損ねるほどではございません。


《Reliquaire Louise de Marillac》

実在した聖女ルイーズ・ド・マリヤック(1591~1660)にまつわる遺物を納めたReliquire(ルリケール/聖遺物箱)と呼ばれる作品。

真鍮のフルール・ド・リス(百合の紋章)をモチーフにしたフレームに、石粒と名前が書かれた紙、装飾のパーツが入っております。

ルイーズ・ド・マリヤックは貧民救済の為に生涯を捧げ、修道会の設立に大きく貢献した聖人として知られております。

こちらもリングが付属しておますので、壁にかけたりして飾ることができます。

裏蓋には製作した教会の封蝋が施され、オフィシャルのものであることが証明されております。

一部緑青がでている箇所もございますが、全体の雰囲気を損ねるほどではなく、内部のパーツの欠損や剥離等もない素晴らしいコンディションの作品です。


ディテール

Croix de l'ange
縦  13.5㎝ ※リング含む
横  11.5㎝
厚み 約1.5㎝
¥24.840

Reliquaire Louise de Marillac
幅  8㎝
厚み 約1.5㎝
¥39.960


お品は近日中にHPにアップ予定となります。



by orlando76 | 2017-12-21 13:37 | SAINTS  | Comments(0)
2017年 12月 19日

Immaculate Conception

出店情報


12月27日(水)~1月15(月) H.P.DECO好奇心の小部屋横浜店@横浜ルミネ


1月7日(日) 大江戸骨董市@有楽町国際フォーラム


1月12日(金)~14日(日)骨董ジャンボリー@東京ビックサイト


1月17日(水)〜23(火) 赤坂蚤の市inSHINJUKU ISETAN@伊勢丹新宿本店2階




出店情報はこちらでもご確認いただけます。  ORLANDOホームページ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。


今年も残りあとわずか、本当に早いものですね。

先日の赤坂蚤の市をもって、直接店頭に立つ出店イベントは今年は終了いたしましたが、年末から年始にかけて、
前回ご好評いただいたH.P.DECO好奇心の小部屋横浜店にて展示販売いたします。

年始からは大江戸骨董市、定例の赤坂蚤の市inARK HILLSに加え、初開催となる伊勢丹新宿本店での
赤坂蚤の市inSHINJUKU ISETANをプロデュースさせていただき、出品もさせていただきます。

こちらの詳細につきましてはまた改めてご紹介させていただきます。

本日はクリスマス目前ということもあり、こちらのご紹介です。

d0225812_14092217.jpg
d0225812_14092819.jpg
d0225812_14093506.jpg
d0225812_14094298.jpg
d0225812_14102015.jpg
d0225812_14102796.jpg
d0225812_14103498.jpg
d0225812_14095642.jpg
d0225812_14100302.jpg
d0225812_14101279.jpg
d0225812_14104273.jpg
d0225812_14104943.jpg




Immaculate Conception FRANCE 1800年代中期〜後期

聖母マリアが、原罪の汚れととがを存在のはじめから一切受けていなかったとする、カトリック教会における教義を
表す彫像。

青い衣と天使達、悪の化身とされる蛇を踏みつけるポーズなど特徴的な要素で構成されております。

木彫にペイントが施され、全て手作業による丁寧な作りであることが見て取れ、
マリア様や天使達の遠くを見つめるような眼差しややや虚ろな感じの表情など、
静かでありながらも存在感のある作品です。

マリア様と天使達は全てガラス製の目が入っていることにも注目に値します。

目は口ほどにと申しますが、表情の中でも最も重要な部分に手をかけていることに
作品としての価値の高さが伺えます。

経年の変化により塗装が全体的に剥がれ落ち、亀裂が入っている部分もございますが、ベースの出来が良いことで
決して貧相になっておらず、かえって神々しくも感じます。

他、取り外しが可能な台座(きっちりはまっておりますが、力を入れれば抜けます)の足の一箇所に欠損がございます。
また、マリア様の頭頂部に小さな窪みがございますので、制作当初は冠などが付いていた可能性がございます。

ディテール
高さ 22㎝
幅  6㎝×10㎝
¥140,400

ホームページへは近日に公開予定となります。







by orlando76 | 2017-12-19 14:33 | SAINTS  | Comments(0)