ORLANDO

orlando76.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2018年 03月 24日

Agnus Dei


3月28日(水)~4月15日(日) H.P.DECO好奇心の小部屋二子玉川店

出店情報はこちらでもご確認いただけます。  ORLANDOホームページ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。

本日2度目の投稿です。

実は、数日前に投稿の予定しておりましたが、PCの不具合で作業できずに本日まとめてとなってしまいました。

気がつくと今のmacは既に10年ほど使っておりますので、そろそろ限界なのかも、、、と思っています。

季節は春、出会いと別れの季節ですので良いタイミングかもしれません。
※と自分に言い聞かせて新調する言い訳にするw

それではご紹介になります。

d0225812_10000289.jpg

d0225812_10271624.jpg

d0225812_10264426.jpg


d0225812_10281936.jpg
d0225812_09585953.jpg
d0225812_09585954.jpg
d0225812_09585997.jpg
d0225812_09590063.jpg
d0225812_09590001.jpg

Agnus Dei FRANCE 1800年代後期〜1900年代初期

神の小羊を表すAgnus Dei(アニュス ダイ)のワックス製プレートが収められた聖遺物箱(Reliquaire)。

このワックスのタイプは時々見かけますが状態が大変よく、紙でできた装飾のパプロール(Paperoles)もしっかりと残っています。

使われている布張りなどの雰囲気から1800年代後半〜1900年代初期頃に個人の手で作られたものであると推測されますが、
中に収められているワックスはそれよりも古いものである可能性もございます。

個人の手作りのようですので、古い時代のものを作り直した可能性もございます。

外枠の布張りや内側の花と唐草の模様の内枠、ナポレオン3世スタイルのものと思われるオーバルの盛り上がったガラス蓋、
真鍮の壁掛け金具など素材をきちんと選んで丁寧に仕上げられている点が伺えます。

手作り品であるためやや歪んでいますが、そこはご愛嬌。
違和感を覚えるほどの問題はございません。

キリストの象徴ではございますが、存在感のあるオブジェとしてインテリアとして取り入れやすい美しいお品です。

ディテール

直径 15×19㎝
厚み 6.5㎝ ガラス含む
¥43.200

※HPへは近日中に掲載予定です。




by orlando76 | 2018-03-24 10:30 | SAINTS  | Comments(0)
2018年 03月 24日

Lèchefrite et bol

出店情報


3月28日(水)~4月15日(日) H.P.DECO好奇心の小部屋二子玉川店

出店情報はこちらでもご確認いただけます。  ORLANDOホームページ


。。。。。。。。。。。。。。。。。。

明日は第48回赤坂蚤の市inARK HILLSの開催です。

雪が降ったり、雨が降ったりと今週は天候の移り変わりが激しい1週間でしたが、
明日は晴れて桜も満開になるかも?との予報ですので、きっと気持ちの良い一日となりそうな予感です。

先週買い付けた新商品を沢山お持ちいたしますので、どうぞ宜しくお願い致します。

本日はその中よりこちらのご紹介です。

d0225812_12365100.jpg
Lèchefrite S
d0225812_12385559.jpg
d0225812_12385545.jpg
d0225812_12385574.jpg
d0225812_12385551.jpg
d0225812_12385599.jpg
Lèchefrite L
d0225812_12385680.jpg
d0225812_12385600.jpg
d0225812_12385672.jpg
d0225812_12385691.jpg
d0225812_12385667.jpg
d0225812_12394814.jpg


Bol黄色

d0225812_08545577.jpg
d0225812_08545503.jpg
d0225812_09241289.jpg

Bolオレンジ



d0225812_09355458.jpg



d0225812_08545625.jpg
d0225812_08561729.jpg
d0225812_08545754.jpg
d0225812_08552851.jpg
d0225812_09361157.jpg





Lèchefrite et bol FRANCE 1800年代後期

一度に4点ご紹介いたします。

まずはLèchefrite(レシュフリット)の方から。

肉汁をポテトなど野菜と絡めて調理するためのフライパン兼器。

大きい方のサイズがポピュラーに感じますので、小さい方は少し珍しいかもしれません。

どちらもナイフ傷はございますが、全体的には状態が良く、実用にも、果物を飾っていただいても
さまになるかと思います。

大きな方は縁にあたり傷がございますが、その他は大きな損傷はございません。

また、大きい方は写真では分かりづらいのですが、器胎の中央部が盛り上がっております。


把手付きのフォルムがカワイイボウルは共に南仏APTのもの。

マーブル模様が独特で飾っても楽しいですね。

特に字色が茶色の方はかなり使い込まれた色合いになっておりましてよい雰囲気に。

器胎にはAPTのある地域の'ROCHEFORT MONTAGNE'の文字が彫られております。
※ロシュフォールの恋人たちの舞台とは違う場所です。

共に縁に擦り傷がございまして、特に茶色の方は把手の裏側にも大きな擦り傷がございますが、
全体的には良い状態で大きな損傷などはございません。

ディテール

Lèchefrite S
直径 24.5×45㎝ ※把手含む
高さ 5㎝
¥23.760

Lèchefrite M
直径 19×30㎝ ※把手含む
高さ 7.5㎝
¥23.760

Bol 黄色
直径 11×14㎝ ※把手含む
高さ 8㎝
¥14.040

Bol オレンジ
直径 11.5×18㎝ ※把手含む
高さ 5㎝
¥14.040


※HPへの掲載は近日中に予定しております。→サイトリニューアル予定のため、掲載を見合わせました。
ご希望の方はコメントにてお問い合わせくださいませ。




by orlando76 | 2018-03-24 09:20 | VAISSELLE  | Comments(0)